1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『愛の笛(ポール・ゴーブル 文・絵 / 北山耕平 訳)』 投票ページ

愛の笛

  • 著者:ポール・ゴーブル 文・絵 / 北山耕平 訳
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2017/10/31
  • ISBNコード:9784309723822
  • 復刊リクエスト番号:65901

得票数
17票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

インディアンに伝わるフルートが若者に手渡されるまでの物語。自暴自棄になった若者が不思議な旅の果てに木の笛を手渡され、自分の心の思いを表すことができるようになる。深層心理の視点から見ても興味深く、本質的な要素に繋がるストーリー。


投票コメント

ネイティブアメリカンの笛にまつわる言い伝えが大人にも子供にわかりやすい形で出版された絵本「愛の笛」。 これは単なるおとぎ話ではなく、人と自然の深いつながりを笛という楽器を通して示してくれている大切なお話だと思います。 人類が忘れてしまいがちなその大切なつながりこそが、私たちが生きてゆくうえで最も必要なことなのですね。 私もこの笛を作っていますが、ネイティブアメリカンは勿論、元をたどれば同じ人種であった日本人にも近年,ますますこの笛の需要が高まっています。それは本当にこの笛が人の心をよく表す「愛の笛」であることの証です。 そして実際、私たちはこの笛によって自分と自然とのつながりを深く感じることができています。 そのルーツを示してくれている有り難い本の再販は、きっと多くの歓びを生み出してくれるでしょう。 (2017/11/01)

5

心の奥底にある思いを現すことができず自暴自棄になった若者が天空に放たれた矢の不思議な助けを得て、旅の途上で鹿人間たちから木の笛を手渡される。この笛を吹く時、自分の思いを自由に現わす事ができるようになると告げられる。 若者は生き物たちの声を真似たり、風や光を感じながら、次第に心の自由に気付き始める。 自分自身が旅の途上で愛の笛 ラブフルートと出会い、後に愛の笛という絵本に出会い、やがてラブフルートを作り、木々の響きを伝える演奏活動を継続して来ました。コンサート会場やワークショップで愛の笛の物語を伝え、絵本を手渡して来ましたが、残念ながら絶版との事でしたので、ぜひ再販をとの思いで登録しました。 (2017/10/31)

4

不思議なことに私自身がこの若者と同じようにラブフルートを手にしてから人生が一変しました。 笛を吹くことで天と大地と自分がつながり、心が自由になります。自然からの声が笛から流れ、自然の中で愛の循環を感じています。 こなお話は人伝に聞いていましたが、本は手に出来ずにいました。是非再販を希望します。再び愛の笛の物語が世に出て、必要な方の元に届きますように。 (2017/11/01)

3

人と自然、人と人・・・心と心の 繋がりは今こそ必要なのではないでしょうか! 自分の心とも向き合う・・・ 是非 読んでみたいと思います。 (2017/11/01)

2

メルマガでの紹介をみて是非手にしたいとおもいました (2018/07/15)

1

もっと見る

新着投票コメント

自分の熱い思いを愛する人に伝えることが出来ずに、意気消沈して旅に出た青年は、放たれた矢に導かれ、木の笛に出会う。キツツキが穴をあけ、世界中の鳥や動物たちが力を合わせて作ったその笛を吹いた青年の思いは、愛する人のもとへと届けられた。自分の気持ちを人に、言葉で届けることの難しさを日常的に私も感じてきました。私自身もラブフルートを手に取り、息を入れた時、息が木と一体となり、循環して、周囲にじわじわと伝わっていくのを実感します。自然の中に身を置いていることを感じるのです。「愛の笛」は、単なる昔話ではなく、人は自然の一部であり、あらゆる命の恩恵を受け、その中で生かされていると考えるネイティブアメリカンの人々が、ずっと大切にしてきた世界観を伝えてくれる貴重ないい伝えです。現代社会が忘れかけている大切なことを思い起こさせてくれる、心温まる素晴らしい本であると思います。現在、この本は残念ながら絶版となっていますが、今だからこそ、この本は多くの人が手にとって読んでいただきたい本だと思います。是非とも復刊をお願いします。 (2018/07/20)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 放たれた矢に導かれて

    dreamy 2018/07/20

    優しさ溢れる美しい絵本。「愛の笛」は、自暴自棄になり旅に出た若者が、不思議な矢に導かれて、この世に存在するあらゆる命の恩恵を受けて作られた木の笛に出会い、その笛の調べが、心を寄せる女性に届けられたというお話。私もラブフルートと出会い、自分の息が木の笛と一つとなり、循環して、伝わっていくという豊かな時間を過ごしています。自然の中で人は生かされていることに気づかされます。優しい音色は、人を癒し、人の響きも心を暖かく包み込む。ネイティブアメリカンの人々が、大切にしてきた世界観を伝えてくれる貴重な物語です。大人にも子どもにも読んでほしい本だと思います。北山耕平氏による翻訳も素晴らしいです。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/06/28
『愛の笛』が10票に到達しました。
2017/10/31
『愛の笛』(ポールゴーブル 北山耕平訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

TOPへ戻る