1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『萬國特許 かつら春團治 もの、いふせんべい(初代桂春団治)』 投票ページ

萬國特許 かつら春團治 もの、いふせんべい

  • 著者:初代桂春団治
  • 出版社:日本大阪 聲菓社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2014/10/28
  • 復刊リクエスト番号:60909

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

所謂「食べられるレコード」

そも、食えるレコードの嚆矢は、独逸のStollwerck社が、凡そ百年前に製造した「Schokolade Schallplatte」と云う、チョコレート製レコードだそうで、開発者は、驚くべきことに発明王エジソンである。

eBayに、粗悪なブリキ製蓄音機が、高額で出品されていたが、レコードのほうは、箱が出品された程度で、実物は児童に食べられてしまった様である。

仏で発売された改良型の蓄音機やチョコ油脂製レコード(非食用)は稀に見かける。

面白い事に、現在でも覆刻品が製造販売されている。ネット購入可(wohlfarth-schokolade社「Schokoladen Schallplatte」15.5ユーロ)

その少し後、神戸の森垣二郎氏(内外レコード)がレコード煎餅を製造し、それを見て面白いと思った初代春団治がニットーレコードと組んで、「ものいふせんべい(1吋50線の粗いピッチ)」を缶入りで発売したという。

現在、附録付分冊百科が大流行しているが、その中に「食べられるレコードを作る!」といった企画を立てて欲しいなぁ。

桂一門の落語家のかたの襲名披露の記念品に、これを覆刻しても良いのではと思うのですが、ヤフオクで36万円を超えてしまい不落だったので、切に願います。

参考文献:
歴史と神戸103号「レコード煎餅」安田泰子(昭55.12)神戸史学会
歴史と神戸105号「レコード煎餅後日談」安田泰子(昭56.4)神戸史学会
レコードコレクターズ1995年12月号「おせんべいのレコード」岡田則夫(株)ミュージック・マガジン

投票コメント

レコード煎餅(缶入12枚)は、大正13年~14年頃に作られたとのこと。大きさドーナツ盤程度、竹の針で鳴らすとある。童謡「桃太郎」「金太郎」「一寸法師」「花咲爺」「池の鯉」「大寒小寒」の6曲だった。炭酸煎餅の様な色で、ツルリとしたセルロイド状、下層は濃い茶色、裏面は多少凸凹があり、青海苔と胡麻が、ふってあったそうである。 吹き込みは、南沖町付近の女の子(道場小学校生徒)だったそうで、煎餅は焼かずにプレス式で作ったとあるが、かなり不衛生であったとの証言がある。 ポートピア81に、神戸音頭を吹き込んだ、煎餅レコードを作る復刻話もあったそうだが、頓挫してしまった樣だ。 一方、春団治の「ものいふせんべい」は、大正14年末に竹針2本を添えて小咄2ツを吹き込んだものだったそうだが、翌15年1月の天理教大祭の際に売ろうとしたが、殆ど売れず大損したと記録にある。 実に面白いではないか。 (2014/10/28)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/10/28
『萬國特許 かつら春團治 もの、いふせんべい』(初代桂春団治)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

お菓子に関するQ&A

子ども向けの料理とかお菓子の本を探しています。

小学校か中学校の図書館で読んだ本です。 子供向けというのは、イラストなどの感じからなので不確かです。 タイトルも出版社もわかりません。 覚えていること ・2000年より前の本。読んだ時期がそ...

TOPへ戻る