復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

25

投票する

大学への数学シリーズ

大学への数学シリーズ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 25

著者 藤田宏ほか
出版社 研文書院
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784768010013 9784768010020 9784768010037 9784768010044 9784768010051 9784768010549 9784768010556 9784768010563 9784768010570 9784768010587 9784768010594 9784768010600 9784768010617 9784768010624 9784768010631 9784768010648 9784768010655 9784768010716 9784768010723 9784768010730 9784768010747 9784768010754 9784768010761
登録日 2013/07/23
リクエストNo. 58287

リクエスト内容

黒大数で親しまれる高校の参考書シリーズ。同名の数学雑誌とは別物ですので、間違いのないように注意されたい。著者の一人である藤田宏先生は大学の解析学の教科書も書いておられます。高校の参考書としては最高峰に位置し、若者にも青チャートで十分などといわずにこれにじっくり取り組んで欲しいものです。そんな黒大数ですが、2013年8月に出版社の倒産によって、全て絶版となるそうです。Amazonでは2013年6月時点で既に新品が入手不可能になっていました。出版社が潰れた場合、復刊のハードルは上がると思われますので、今のうちに復刊リクエストを募りたいと思います。個人的には、1980年代の旧課程のものも全て復刊して欲しいと思っています。近年にも筑摩書房からも当時の課程の高校の数学の教科書が復刊されましたし、最近の課程のものは、文科省のカリキュラムでどうしても制約されざるを得ませんから、昔の参考書のほうが参考になることもあるのです。Amazonで検索すると、80年代、90年代、00年代のカリキュラムのものがそれぞれ出てくるようです。iBooksやKindle等で電子書籍化して存続させるなど、できないものでしょうか。教育の電脳化を謳うわりには、電子書籍ストアの品揃えを見ても日本語のまともな数学のなどはほとんど見られないようです。10年ほど前に、「オイラーの贈り物」の文庫版が出たときも、駅の売店で数学の本が買えるのは革命的であるとの前書きに感銘を受けました。現代ではせっかく電子書籍が出てきても、スマホでまともな数学の本が読める状態にはなっていません。電子化には賛否両論、あるかもしれませんがこの本を失ってしまうには余りに惜しいと思います。いずれにせよベストな形で黒大数を存続させるために、皆様どうか力を貸してください。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全25件

  • この本を埋もれさせてしまうのは勿体無い。
    この書に親しめるような高校生にこそ
    大学へ進んでほしいものです。
    どこかが版権を買い取って、とか
    できないでしょうか?
    三省堂の数学教科書みたいな復活もありでしょう。 (2016/05/13)
    GOOD!3
  • 受験時代絶版していながらも中古で購入しました
    それほどに東大に行った人たちの中では評判のある参考書でした
    難しい問題を、網羅するなんていう非体系的な参考書群と違い、大学への数学はすべての数学的な発想が自然な形で思いつけるような編集の本でした
    これを超える本はない、などとは流石に思いませんが、このシリーズを終わらせれば問題はないという最大公約数的なシリーズは、大学への数学を覗いてほぼないと言ってもいいのではないでしょうか (2020/02/15)
    GOOD!1
  • ハードカバーだったころ(中田義元氏・根岸世雄氏)の大学への数学は愉快な問題が多く楽しめると聞いている。
    近頃ちくま学芸文庫では過去の現代文古文漢文の参考書の復刊が相次いでおり、当時学習した方々に好評である。すなわち文庫の形式でも参考書は需要があるということである。
    ぜひどのような形であっても復刊していただき自分のような浅学の者に学ぶ機会を与えていただきたいと思い復刊を希望する。 (2019/05/14)
    GOOD!1
  • 今売っている数学の参考書には代わりになるほどのクオリティの本がないから (2016/04/06)
    GOOD!1
  • 受験用というより学問として取り組むための参考書で、後世に残す価値のある本だと思います。
    決して数が出るような本ではないかも知れませんが、日本の学力水準維持、向上のためにも、この本は復刊されるべき本だと思います。 (2015/12/06)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

全1件

  • 高校で数学を学ぶ意義

    80年前後に中田、根岸の両者が書かれていた頃の大数から、高校数学を学ぶ意義の一つに、「ある問題に直面した時、その解決の糸口をどのように発見し、自ら扱える問題へと還元していくかという頭の使い方のトレーニング」にあることを教えてくれた本。 (2015/06/25)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2015/11/30
    『大学への数学シリーズ』が10票に到達しました。

  • 2013/07/23
    『大学への数学シリーズ』(藤田宏ほか)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!