復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

11

投票する

奇跡の英単語

奇跡の英単語

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 11

著者 長崎玄弥
出版社 祥伝社
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784396101480
登録日 2011/08/25
リクエストNo. 53844

リクエスト内容

必須5000語が1ヶ月の連鎖記憶法でOK

【目次】
はじめに 
「5000語を35日で覚える」
「あなたはなぜ単語が覚えられないか」
「私は英単語25万語に挑戦中」
「本書の内容」
「連鎖記憶法とは」
「誰でも、35日で5000語が覚えられる」
「本書だけで入試英語の95%がOK」
「1語覚えたら必ず派生語も」

第一章
「秒単位速習法」
「スピードこそ、単語征服への最短距離」
「さぁ、奇跡挑戦への第一歩です!」
「名詞篇 1〜14」
「続いて形容詞に挑戦しよう!」
「形容詞篇 1〜14」

第二章
「連鎖式記憶法」
「英語は、幼児が言葉を覚えるように」
「まず25語の連想を」
「連想法 1〜20」

第三章
「動作動詞・グループ学習法」
「言語の本来の姿は音声である」
「1 見る動作」
「2 移動の動作」
「3 生産関係」
「4 破壊関係」
「5 頭脳運動」
「6 欲望関係」
「7 笑いを表わすグループ」
「8 泣きと嘆きのグループ」
「9 愛情関係」
「10 嫌悪、憎しみの表現」
「11 光関係」
「12 完成、完遂関係」
「13 獲得するグループ」
「14 援助関係」
「15 変更、変化関係」
「16 質疑応答」
「17 妨害、阻止グループ」
「18 誇る、自慢するグループ」
「19 驚かすグループ」
「20 とりいれる動作さまざま」
「21 外に出す動作さまざま」
「短文式連鎖記憶法(125例)」

第四章  「難解語、大楽勝!」
「接頭語と語根は強力な武器」
「A 入試必須・接頭語グループ9種」
「1 何でも反対グループ」
「2 分離、脱落グループ」
「3 中、間、外グループ」
「4 貫通のper」
「5 ABの二点にまたがるtrans」
「6 人の上をいくsuperman」
「7 方向(toward)を示すadグループ」
「8 いっしょに動くcomグループ」
「9 前進、以前、後退、元へ戻るグループ」
「愉快な例文による難解語征服法」

・・・以下略

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全11件

  • 受験時代使って,今でも自分の部屋のどこかにあるはずですが,改めて読んでチャレンジしてみたいので復刊を希望します。なお復刊される場合は,後に「赤版・青版」として出版されたもの(1979)ではなく,1975年に出たオリジナルの版をお願いします。オリジナルの本にあった「音象徴」の項が赤版ではなくなってしまいましたので。 (2016/07/09)
    GOOD!2
  • 学生時代、赤版、青版とも購入して、主に赤版で覚えました。記憶がおぼろげですが、1語1訳(英語⇒日本語、日本語⇒英語)で規定時間以内に全ての単語の訳が完全に思い出せるまで繰り返す、というやり方で、スポーツ感覚で覚えられる画期的な本でした。その方法論もそうですが、英語の基礎体力を備えるためには覚えている語数は重要で、5000語を掲げるこの本は今の英語学習者にも有用なのではないかと思います。 (2021/07/17)
    GOOD!1
  • 高校3年の時に発刊されたような記憶があります。ストップウォッチ片手に覚えた英単語はすぐに短期記憶から長期記憶へと転換されました。高速で反復し、その上連想を加えるだけの簡単な方法なので私のような飽きっぽい性格の人間でも習得できました。森の「試験に出る英単語」もこの方法で覚え直しました。還暦を超えた今、もう一度ま新しい本書を再読し覚え直したいと思い復刊を希望します。 (2021/05/02)
    GOOD!1
  • 本書の内容については読後レビューに書いたとおりです。
    古書店にももはやなく、ネット通販も異常な価格がついています。
    奇跡の英単語と英熟語の合本でぜひ復刊を期待したい。
    特に、英熟語は索引をしっかりつけて旧版の検索性を改善してもらうと大変助かります。 (2018/07/20)
    GOOD!1
  • 学生時代、シケタンと連想記憶術は買ってたけど(で、ほとんど使わなかったけどw)、本書は存在は知っていたものの、見逃していました。どうやら今でも通用するハードな記憶用単語集のようですね。祥伝社黄金文庫あたりでの復刊か、再学習の中高年層を狙って大き目の判型、大き目の活字での復刊もありかも。買いますよ。 (2014/05/14)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

全1件

  • 自分にあった覚え方を探る本ともいえる。

    仕事で長らく専門英語を使ってきたが、日常会話でのボキャブラリー不足を痛感しつつキセ単に載ってたような記憶だけはしばし蘇る。コミニュケーションに必要なという意味で役立つ単語がのっている本であると今にしてよくわかる本です。受験に役立つ単語が少ないということで暗記法のカタログとしては大いに活用させていただき、泥縄式に短期間で必要なことをマスターすることが必要な際の自分にあった学習法を学生時代に見極められたことは今でもタカラです。今度は改めて正面からボキャブラリービルディングのために使用したい。赤版を使ってましたが、旧版の音象徴というのも興味深いのでそちらでの復刊でも可です。 (2018/07/20)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/05/02
    『奇跡の英単語』が10票に到達しました。

  • 2011/08/25
    『奇跡の英単語』(長崎玄弥)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!