1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『魔法のオレンジの木(ダイアン・ウォルクスタイン採話 清水真砂子訳)』 投票ページ

魔法のオレンジの木

  • 著者:ダイアン・ウォルクスタイン採話 清水真砂子訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2011/05/26
  • 復刊リクエスト番号:53421

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ハイチの昔話

投票コメント

ストーリーテリング用に。自分が語りたいと思った時には、書店にはなくなっていました。古書では、倍近くの値段がします。この本はとても貴重な本だと思います。表題の「魔法のオレンジの木」「なまえ」「川の母」「わたしがテピンギー…」など、たくさんの魅力的なおはなしが入っていてたくさんの方が語られています。 (2014/05/17)

2

子どもにお話を語る活動をしています。他の人が語る、この本に載っているお話をいくつか聴いて、私もと思い、本を探したら絶版でがっかりしました。同じサークルの人も、図書館で借りてコピーをとって覚えたそうです。日本やヨーロッパの昔話とは一味違う、面白いお話がいっぱいで、子どもたちの世界が広がると思います。 (2018/07/13)

1

語りをしています。 この本にある「テイザン」を語りで聞いて、忘れられなくなりました。 岩波のこどもの本は面白い昔ばなしを良い訳で紹介してくれる貴重な資料です。 もちろん子供に読んでもらいたい良質な本、消えてしまっては困る本です。 (2018/03/21)

1

表題の「魔法のオレンジの木」ほか「ティピンギー」「テイザン」など他の昔話にはない力強さやしたたかさを感じさせるおはなしがいっぱいです。また、昔話だけでなく、ハイチの人々のおはなしを語る様子、採話者ウォルクスタインのハイチの人々やおはなしに対する思いが語られているところも魅力です。さらに、清水真砂子さんの翻訳もハイチの昔話の香りや熱を余すところなく伝えています。何度読み返しても、どこから読んでも面白い本です。ストーリーテリングのテキストとしてしばしば用いられ、語り手たちにとってぜひ手元に置きたい一冊です。10数年前あるブッククラブの配本リストに載っていたのですが、希望しなかったことをとても悔やんでいます。今回リストに掲載されているのを見つけて、とてもうれしくおもいました。ぜひ復刊していただきたいと思います。 (2017/11/09)

1

10年ほど前に、小学校の朝の読み聞かせに使わせてもらいました。 ハイチの昔話を集めたもので、他にはありません。 清水真砂子さんの訳で、おはなしの他に現地の人からのおはなしを聞き集めたときの様子や民族性、くらしが載っていて、おはなしの背景がわかり、とてもよく作られていたと記憶しています。 最近になって、語りを勉強し始め、覚えるために購入したいとおもいましたが、絶版で、中古本でもかなりの高値がついています。 ぜひ、復刊をお願いします。 (2017/01/18)

1

もっと見る

新着投票コメント

ストーリーてリングのテキストにずっと手元に置きたい! (2018/09/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/11/09
『魔法のオレンジの木』が10票に到達しました。
2011/05/26
『魔法のオレンジの木』(ダイアン・ウォルクスタイン採話 清水真砂子訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

昔話・民話に関するQ&A

エゾシカがオオカミから火を奪ってくる話のタイトルを教えてください(アイヌ民話っぽい

表紙には鹿の絵が描かれていたと思います。全体的にオレンジ色の表紙でした。 エゾシカの膝はなぜ黒くなったのか、という話でした。 1970~80年代ぐらいの間で出版されていた本だと思います。小学校低学年...

TOPへ戻る