1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『地の糧(アンドレ・ジッド・著 今日出海・訳)』 投票ページ

地の糧

  • 著者:アンドレ・ジッド・著 今日出海・訳
  • 出版社:新潮社 新潮文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/01/24
  • ISBNコード:9784102045053
  • 復刊リクエスト番号:52642

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

寺山修司の評論集「書を捨てよう、町へ出よう」のタイトルは本書からの引用である。
ナタナエルという架空の青年に宛てた書簡形式、散文形式によって、ジッドの珠玉のことばが織られていく。

投票コメント

gs

gs

翻訳としては、筑摩書房刊「世界文学大系 50 ジイド」に収録されているもののほうが好きなのですが、いつも持ち歩き、手元において頁を繰り、そこにある詩、散文を読む、という点で文庫版の復刊を希望します。 悩める主人公が "ナタナエル" という架空の青年に対して書いた(或いは語った)偽らざる心情をあらわしたもので、現役の作家、文化人にも多くの読み手を持つ作品です。 (2011/01/24)

2

このような名作が絶版であることは多大なる損失です。多くの人間が人生を構築するために読むべき本です。 (2017/10/29)

1

この本の存在は「チボー家の人々」で引用されていて知りました 「ナタニエルよ、わたしはきみに熱情を教えよう…」 「平静よりも、ナタニエルよ、むしろ悲壮なる生活を…」 ダニエルが感激して読んでいます 私も、本当に死ぬほど読みたいです 是非復刊して頂きたい! (2016/12/20)

1

興味ある (2015/09/06)

1

デリダが好んで読んだというこの本を、自分も読んでみたいです (2015/09/06)

1

もっと見る

新着投票コメント

夕暮れを、一日がそこに死んでいくのだと思って眺め、朝明けを、万物がそこに生まれてくるのだと思って眺めよ。 《君の目に映ずるものが刻々に新たにならんことを。》 こちらの文言に惹かれました。手元に置いて全文読んでみたいです。 (2018/05/20)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/20
『地の糧』が10票に到達しました。
2011/01/24
『地の糧』(アンドレ・ジッド・著 今日出海・訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

フランスに関するQ&A

フランス語の古いテキストです。

カセットテープで音声があり、見開きでleçonがひとつづつあり挿絵がちょんまげのサムライ風の人が書かれてたり着物を着ている女の子が登場したりしています。あまり大きなサイズの本ではなくタイトルがわからない...

TOPへ戻る