1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『彗星飛行(ジュール・ベルヌ)』 投票ページ

彗星飛行

  • 著者:ジュール・ベルヌ
  • 出版社:偕成社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/06/27
  • 復刊リクエスト番号:47158

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アルジェリアの町モスタガネムに駐屯するフランス陸軍大尉セルヴァダックは、ある女性をめぐって元旦早々、自らの帆船でこの町を訪れていたチマシェフ伯爵と決闘をすることになっていた。しかし大晦日の夜、地平線がバラ色に輝く不思議な現象を目撃したセルヴァダックは、その直後、地震のような大きな衝撃に襲われて気絶してしまった。どうやら地球に彗星が衝突し、その衝撃でモスタガネムの一帯は地球から放り出されてしまったようだった……。こうして、セルヴァダック一行の太陽系をめぐる冒険が始まったのである。 
月世界三部作以外では宇宙を舞台にした唯一の作品であり、ヴェルヌの全作品中おそらく最も奇想天外な作品。フランス人・ロシア人・スペイン人が協同し、イギリス人だけが孤立する露骨な政治的メッセージに加え、ユダヤ人の登場人物が差別的に描かれるという問題点もあるが、『神秘の島』でグラニットハウスやダカールの洞窟を造り上げた構想力は、彗星(というよりは小惑星というべきだが)という別世界を新たな舞台に選んで遺憾なく発揮されている。

投票コメント

1.40年前に面白くて何度も読み返して以来である。 この文豪の傑作の中でナゼこの作品だけが翻訳出版が為されないのか、 2.レマルク「愛する時と死する時」 サッカレー「バリー・リンドン」 の重版未だ成らずと同様、こうした不毛なる現状こそが出版業界の自死 とも言うべき惨状なのである。 (2010/05/25)

1

中古市場が高過ぎて入手困難なため。 (2014/10/09)

0

壮大なSFとして、再読したい (2014/06/13)

0

ジュール・ヴェルヌを全作読みたいと思っているので。 (2010/01/19)

0

小学生の頃、初めて小説を読むきっかけを与えてくれた本です。 自分を「読書好き」にしてくれた原点の本を、もう一度手に入れて 再読したく復刊を希望します。 (2009/06/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/06/27
『彗星飛行』(ジュール・ベルヌ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る