1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『座の文学―連衆心と俳諧の成立(尾形仂)』 投票ページ

座の文学―連衆心と俳諧の成立

  • 著者:尾形仂
  • 出版社:講談社(講談社学術文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/02/02
  • ISBNコード:9784061593053
  • 復刊リクエスト番号:45560

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

【内容】

座とは何か。
日本独特の文芸形式である俳諧の本質は、
人の和をもって始まり、それをもって終わる。
すなわち、俳諧における座とは、
文芸的な人間連帯である連衆心を営んだ場である。
孤独を自覚する者同士が、
日常性とは別次元の関係でつながり、
生きる楽しみを共にする。
俳聖・芭蕉にとって座こそ、
その詩情を誘発し、増幅し、普遍化する、
いわばかれの詩の成立に不可欠の媒体であったと説く名著。 


【目次】

1 座の文学
2 芭蕉
3 蕪村
4 一茶
5 古池の跡


【著者】

1920年、東京に生まれる。
東京文理科大学国語学国文学専攻卒。
東京教育大学教授・成城大学教授を歴任。
主著に『松尾芭蕉』(日本詩人選17)
『蕪村自筆句帳』『小説三言』『俳諧史論考』
『芭蕉・蕪村』『森鴎外の歴史小説』『俳句と俳諧』
『蕪村の世界』『芭蕉の世界』(学術文庫)。

新着投票コメント

日本文学を知るためにぜひおすすめの一冊だから。 (2011/08/30)

0

無

詩情を誘発し、増幅し、 普遍化したいから。 (2009/02/02)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/02/02
『座の文学―連衆心と俳諧の成立』(尾形仂)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る