1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『坂本龍馬全集(増補4訂版)(宮地佐一郎(編集))』 投票ページ

坂本龍馬全集(増補4訂版)

  • 著者:宮地佐一郎(編集)
  • 出版社:光風社出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/01/03
  • ISBNコード:9784875194002
  • 復刊リクエスト番号:45098

得票数
11票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

維新史資料に大きな足跡を残す坂本龍馬に関する3部構成の研究集大成である。第1部は、龍馬書簡127通に文書・詠草を加え、うち102点を写真収録。読下し・解説を加える。第2部は、「関係書簡」「才谷屋文書」など、龍馬周辺の文書・記録からなる補足資料。第3部は、お龍聞書、暗殺記録、龍馬の人物・行動に触れた諸文献の抄録など参考文献。1164ページ。1988年1月。ISBN-10: 4875194005 ISBN-13: 978-4875194002

投票コメント

坂本龍馬に関しての調べ物には必須の本です。 ですが、発行時に限定で出されたために現在では出回っている数も少なく、かなり高価なお値段で取引されています。 図書館で借りれないこともありませんが、常に傍に置いて調べたいのでぜひ復刊をお願いしたいと思います。 (2015/03/25)

1

ryo

ryo

坂本龍馬研究に際しての必読書です。 是非とも復刊を望みます!! 維新動乱のただ中を大股に歩み去った男龍馬研究の現在における集大成であり維新史資料に一歩を加える決定版。第1部、龍馬書簡127通に文書・詠草を加え、うち102点を写真収録。読下し・解説を加える。第2部、龍馬周辺の文書・記録を以て構成する補足資料。「関係書簡」「才谷屋文書」など。第3部、参考文献。龍馬の人物・行動に触れた諸文献の抄録。お龍聞書、暗殺記録など。 --- 維新史資料に大きな足跡を残す坂本龍馬に関する3部構成の研究集大成である。 第1部は、龍馬書簡127通に文書・詠草を加え、うち102点を写真収録。読下し・解説を加える。 第2部は、「関係書簡」「才谷屋文書」など、龍馬周辺の文書・記録からなる補足資料。 第3部は、お龍聞書、暗殺記録、龍馬の人物・行動に触れた諸文献の抄録など参考文献。 全1164ページ。 (2011/07/21)

1

坂本龍馬にあこがれた同郷出身の故宮地佐一郎氏が心血を注いで編纂されたものであります。 今日、多くのファンが存在する坂本龍馬。真の龍馬像を知り得るための欠かせない一冊であり、また龍馬や宮地氏の志を継ぐ次世代の日本人のためにも復刊を希望します。 (2010/07/14)

1

高校生のときから坂本竜馬が好きになって早10年以上たちました。これまでは一ファンとしての立場でしたが、最近改めてクローズアップされるようになったのを機に、本当の坂本竜馬とは、というものに興味を抱くようになりました。そんな中、全集があることが分かり、何とか購入できる程度の収入も得られるようになったいまですが、手に入らない状態なのがとても残念です。是非、復刻をお願いします。 (2010/02/14)

1

四国・土佐に生まれた郷士階級の一青年が、家族の愛情に育まれて成長して剣術家の道を歩み出すが、同時に攘夷・開国・勤皇・佐幕の思想が大きく渦巻く幕末の動乱の真っただ中に立って、やがて近代日本の今後取るべき進路を読み切る卓見を示す。薩長同盟の結成、船中八策、大政奉還はその実践例であるが、不幸にしてわずか33歳で凶刃に倒れる。本書は、広範な人々から敬愛される坂本龍馬の短くもこうした輝かしい生涯を辿るために必須の書籍である。しかし、1988年1月に増補4訂版が刊行されてから20年を経た現在、この入手は極めて困難になっている。ここで、その後に発見された新資料と研究成果等を追補した「増補5訂」の公刊が強く望まれるところである。これに賛同される諸氏のご支持をお願い申し上げます。 (2009/01/03)

1

もっと見る

新着投票コメント

坂本龍馬が、好きで見たいから (2019/01/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/01/19
『坂本龍馬全集(増補4訂版)』が10票に到達しました。
2009/01/03
『坂本龍馬全集(増補4訂版)』(宮地佐一郎(編集))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る