復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

小泉八雲新考

小泉八雲新考

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 丸山学、木下順二
出版社 講談社(講談社学術文庫)
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784061592551
登録日 2008/12/26
リクエストNo. 45027

リクエスト内容

【内容】

多くの日本の読者を
魅了し続けている小泉八雲。
八雲についての研究は今なお盛んである。
昭和十一年に発表された本書は、
松江時代に比べて看過されていた
熊本時代の八雲の人と作品を、
実地踏査や発掘した手紙・資料によって
鮮かに浮き彫りにしている。
とくに八雲を文学者としてだけでなく
民俗学者として捉えた点は、
八雲を理解する上で画期的な書といわれる。
八雲研究の歴史的論考。


【目次】

第1章 熊本時代の作品とその素材
第2章 熊本時代の私生活
第3章 五高におけるヘルン
第4章 『停車場にて』など
第5章 ヘルン踏査
拾遺


【著者】

・丸山学

1904年熊本県生まれ。
広島文理科大学卒業。
専門は英語英文学・民俗学。
広島高等師範学校教授などを経て
熊本商科大学・熊本短期大学学長。
主著に『文学研究法』『英国人の東亜観』
『九州民俗抄』『熊本県民俗事典』。
1970年没。

・木下順二

1914年東京生まれ。
少年時代を郷里の熊本で過ごす。
東京大学英文科卒業。劇作家。
著書に『夕鶴』『子午線の祀り』
『本郷』『木下順二作品集』、
訳書に『シェイクスピア』など多数ある。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

NEWS

  • 2008/12/26
    『小泉八雲新考』(丸山学、木下順二)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!