1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ボンボンものがたり チビの一生(永井明・著/長新太・挿絵)』 投票ページ

ボンボンものがたり チビの一生

  • 著者:永井明・著/長新太・挿絵
  • 出版社:理論社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2008/10/15
  • 復刊リクエスト番号:44090

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

太平洋戦争が始まる頃が舞台となります。 
公園に捨てられた子犬が、貧乏絵描きの男に拾われるとこから始まります。 
それから小学生の男の子にゆずられ、チビと名付けられます。 
その次に飼い主になるのがフランス人神父・ピエールさんです。
タイトルの「ボンボン」とはフランス語で「よし よし」という意味です。
誤解から神父さんは警察に逮捕され国外追放になり、チビとは離れ離れに。
その後、さまざま人々と出会い、さすらいます。

投票コメント

小学校5年生の時に教室の学級文庫で出会い、何度も何度も読みました。ぼんぼんをかわいがってくれた神父様の姿が特に心に残っています。もう一度読みたいし、たくさんの人、特に子どもたちに読んでもらいたいと思います。 (2017/08/01)

3

小学生の頃に学校の図書室で初めて読みました。なぜか夢中になって読んだ記憶があります。 あれから20年以上経ち、内容は全く覚えていませんでしたが、衝撃的なラストだけは覚えていました。 先日、20年ぶりに読んでみました。大人になって読むと子供の時には気づけなかった作者のメッセージに気づくことができ、改めて深い本だなと思いました。 戦争の愚かさや人間の罪深さ、そしてキリスト教信仰などといった深いテーマを扱っている名作です。大人でも読みごたえがあります。ぜひ復刊させてください。 (2017/11/24)

2

小学生のころ読みました。 内容はよく覚えていないのですが チビを通していろいろな善悪が書かれていたように思います。 何度か読み替えいたいと思って探していました。 神父さんの最後の言葉も 読み返したいです。 (2015/04/11)

2

40年ほど前に小学校の図書館で読みました。 長さんの絵も大好きでした。 悲しい結末に、ちびが幸せだったところばかりを繰り返し読んだのを思い出します。 小学校の図書館で一番好きな本、そして今まで生きていて読んだ中でたぶん一番好きな本です。 いつでも読めると油断していたら、絶版とのこと。 あまりに惜しい名作です。 ぜひぜひ復刊をお願いします。 (2013/02/14)

2

かれこれ40年前になりますが、小学校の図書館で借りて読みました。 何度も何度も読みました。そのたびに切なくて泣きました。 いま、こちらを拝見しても、うるうるしてきます。 子供の頃は、自分で買うという発想がなく、大人になってからは、いくら探しても同名の今江さんの本しか見つからず、自分の記憶違いかと思いかけていました。 実在しましたね!どうしてももう一度読みたいです。 多くの人に読んで欲しいです。 (2012/09/26)

2

もっと見る

新着投票コメント

もう一度、読みたいから。大事にしたい気持ちを支えてくれる、励ましてくれる本なのです。どうぞよろしくお願いいたします。大人になって買えるようになったら絶版とは悲しいです。後世に残して行くべき作品です。 (2017/12/19)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/09/26
『ボンボンものがたり チビの一生』が10票に到達しました。
2008/10/15
『ボンボンものがたり チビの一生』(永井明・著/長新太・挿絵)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る