1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『血と薔薇のフォークロア(栗本慎一郎 中村英良)』 投票ページ

血と薔薇のフォークロア

  • 著者:栗本慎一郎 中村英良
  • 出版社:リブロポート
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/12/01
  • ISBNコード:9784845700691
  • 復刊リクエスト番号:40476

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アール・ヌーヴォー、そして吸血鬼のかおりを追って訪れたトランシルヴァニアとブダペストの旅.。カメラマン中村英良の写真も美しい。薔薇のブダペストにとって、血のトランシルヴァニアとは何か?
「この本はなぜ血と薔薇を表題にしているのか。トランシルヴァニアの吸血鬼の血とそれを吸って咲く赤い薔薇というわけえではない。薔薇十字軍の薔薇でもない。
この本はカメラを持った、東欧はトランシルヴァニア紀行でもあるから血の方は確かに吸血鬼にまつわる血なのだ。しかし、そこに、民族の血、文化の深層に流れる血という意味もこめられている。それがやがて、カール・ポランニーの経済人類学や、マイケル・ポランニーの深層の知の理論に、流れ込んでいくものだからだ。
薔薇とは、ドナウの薔薇と愛称される美しいブダペストを指す言葉なのだ。ドナウの薔薇ブダペストに現代思想の源流を尋ねながら、それがなぜ、トランシルヴァニア調査行に結びつき、ついでにドラキュラ侯の遺跡まで訪れることになってしまったのかという理由は、この本を見ていっていただければ、次第に判るであろう。取り敢えずは、難しく、出発しよう。」(本文より)

新着投票コメント

気になります (2010/09/02)

0

読んでみたいです。 (2007/12/01)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/12/01
『血と薔薇のフォークロア』(栗本慎一郎 中村英良)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る