1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『深夜の市長(海野十三)』 投票ページ

深夜の市長

  • 著者:海野十三
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/12/27
  • ISBNコード:9784062620765
  • 復刊リクエスト番号:37285

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

講談社文庫大衆文学館の1冊。海野十三は戦前の日本の探偵小説作家・SF(当時は変格探偵小説に分類された)作家。
深夜、急激に変容する大都市新興地区が帯びる迷宮感覚――。東京を思わせるTという大都市。夜ともなると昼間とは全く別個の存在となり、ごく少数の人しか知らない不思議な都市と化す。その闇と迷路の暗黒の世界を支配するのが「深夜の市長」。昼間の市長と市議会の対立するなか、次々と起こる怪事件。解決しようと深夜の街をかけまわる奇妙な男――怪人市長の正体は!? 幻想ミステリ傑作。

新着投票コメント

21位世紀にも通用する傑作Sf (2014/05/27)

0

ぜひ。 (2008/11/10)

0

復刊希望 (2008/02/18)

0

再読してみたい。 (2006/12/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/12/27
『深夜の市長』(海野十三)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る