1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『雨降りだからミステリーでも勉強しよう(植草甚一)』 投票ページ

雨降りだからミステリーでも勉強しよう

  • 著者:植草甚一
  • 出版社:晶文社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/11/26
  • ISBNコード:9784575658361 9784794957009
  • 復刊リクエスト番号:36929

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第二次世界大戦後、数々の海外推理小説の翻訳がなされてきましたが、植草甚一氏も翻訳する本の選択をしていました。
(晶文社パンフレットより)なにげなく手にとった一冊の本で、突然はっとする瞬間にぶつかるーそれがミステリーを読む楽しみなのだ。この楽しみに取り憑かれて古本屋めぐりが始まる。うず高いペーパーバックの山の中から『寒い国から帰ってきたスパイ』のジョン・ル・カレをはじめ、おおぜいの素晴らしい作家を探りあてる植草甚一の推理小説論をここに集成。

新着投票コメント

ヴィンテージ・ミステリの翻訳が盛んな今の目からもう一度読みたいです。 (2009/05/24)

0

ミステリー評論として必読書のひとつである。 学生時代に愛読した本。 (2007/09/20)

0

植草甚一氏のミステリー関連の本をぜひ読んでみたい。 (2006/11/26)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/11/26
『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』(植草甚一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る