1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ザボンの花(庄野潤三)』 投票ページ

ザボンの花

  • 著者:庄野潤三
  • 出版社:福武書店(福武文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/08/05
  • ISBNコード:9784828832135
  • 復刊リクエスト番号:34871

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

今も変わらない家族の日常風景を描いた、庄野潤三の長編。

東京郊外に移り住んだ家族は、4年生の男の子を頭に2年生の女の子、そして幼稚園前の男の子のいる賑やかな5人家族。
奔放な3人の子供達を中心に若々しい父母、近隣の人々、夕方になるとなぜか吠え出す愛犬ベルらの優しく温かな交流―。
子供達の華やぎと移りゆく自然の美しさの中に生の原風景を紡ぎ出す庄野文学の記念碑的長篇。

投票コメント

私が中学三年生の国語の教科書で読んだのが庄野潤三の文章でした。今から50年以上前のことです。それが非常に好きで、「庄野潤三」という名前はそれで覚えました。その出典の名前まではさすがに覚えていなかったのですが、今回いろいろ調べてみて、それがどうやら「ザボンの花」の第1章、ひばりの話だったらしいことが分かりました。 中学三年生が読んでこの文章をなぜ好ましく思ったのでしょう。全編はまだ読んだことがありません。読んでみたいと思います。 (2015/09/03)

1

大好きな作家さんです。ぜひ読みたいです。 (2011/02/13)

0

読みたいです! (2009/05/16)

0

ぜひ読みたい。 (2008/11/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/08/05
『ザボンの花』(庄野潤三)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る