1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『夢を食いつづけた男(植木等)』 投票ページ

夢を食いつづけた男

  • 著者:植木等
  • 出版社:朝日新聞社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/07/27
  • ISBNコード:9784022604316 9784480434999
  • 復刊リクエスト番号:34722

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ドリフターズの植木等が父親の人生をつづった名作。
「若い頃、おやじはキリスト教の洗礼を受け、神の下僕になった。ところがキリス
トとの関係が清算されたのかされないのか、はっきりしないまま、僧籍に入り、仏弟
子となった。しかもその間、社会主義者として労働運動、部落解放運動のまっただな
かに飛び込んでいったのである。真宗僧になってのち、おやじは昼間、お年寄りたち
に地獄・極楽を説き、日が暮れてからは若者たちを集めて社会主義革命を説いていた
そうだ。」
という父親は、しかし支離滅裂なだけではなく肝っ玉の大きな男で情にも厚い。そし
てその途轍もないたくましさには確かに時代の烙印というものも押されていて、大正
から昭和にかけての時代の空気も同時に匂い立ってきます。ひとりの人間のドキュメ
ントしても、ひとつの時代のプロフィールとしてもきわめて優れた作品です。


投票コメント

「植木等さんを偲ぶ」という番組で、植木等さんが父上の語られているのが実に印象的でありました。真面目な植木さんが「スーダラ節」をレコーディングする前に、「このような歌を歌っていいものなのか」と迷いを生じ、父上に相談した。その際に父上は、植木さんが歌い始めて、「わかっちゃいるけどやめられない」というところに来た時。「これぞ、我が宗祖・親鸞聖人の人生そのもの。これは良い歌だ。大ヒット間違いなし」と植木さんを励ましたというエピソードを語っておられたのが印象的でした。その父上のことを植木さんが記した本。ぜひ、読みたいです。 (2007/04/10)

1

植木さんが亡くなったからです。 クレージーキャッツのDVDやCDは販売していますが、植木さんのバックグラウンド、本当はどういう人だったのかが伺える本ではないかと思います。 この本の復刊で彼の存在が次の世代にも伝わっていってほしいと思います。 (2007/03/29)

1

僕は子供の頃から植木等さんが大好きです。寡聞にしてこの本の存在を知りませんでした。ぜひ読みたいと思います。 (2007/04/28)

0

先程TVの特番で紹介され、早速ネット検索したら絶版。古書でもプレミヤ付きの模様。それならちゃんと復刊して適価で広く読めたらイイですね。 (2007/04/14)

0

植木さんを偲んで (2007/04/11)

0

もっと見る

新着投票コメント

植木さん大好きです 一周忌は無理としても三回忌までには復刊して欲しい (2007/09/26)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

夢を食いつづけた男 おやじ徹誠一代記 植木等
928円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/03/13
『夢を食いつづけた男 おやじ徹誠一代記』(植木等)の注文を開始しました。
2008/11/05
『夢を食いつづけた男』販売開始しました!
2006/07/27
『夢を食いつづけた男』(植木等)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る