1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『みどりのはしご(安房直子 作 / 黒井健 絵)』 投票ページ

みどりのはしご

  • 著者:安房直子 作 / 黒井健 絵
  • 出版社:学習研究社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2006/04/02
  • 復刊リクエスト番号:33314

得票数
53票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

おばあさんが庭にカブを植える。ある日、そのカブがなくなってしまう。すると、1本の電話がかかってきて「おばあさんのカブを料理したので、はしごを登って食べに来てください」と・・。
見ると、庭の大きな木にみどりのはしごが。それを登って行くと
小人の家があり、小人の家族がおばあさんをもてなしてくれる。


投票コメント

幼稚園のころ読んでとても印象的だったのをふと思い出して検索してみたら、安房直子さん著作と初めて知りました!彼女の他の本も、どれもみどりの香りがして大好きです。 子供ができたら読んであげたい絵本です。 (2014/07/09)

1

子どもが産まれました。 大好きだった絵本が読ませたいと思いました。 スーパーでエシャレットを見るたびに、この絵本を思い出してついつい買ってサラダを作ってしまいます。 そう言えば今年、庭にゴーヤとスイカがなりました。今度はエシャレットを植えようと思います。 子どもが産まれた年に植えた庭の木が、大きくなるのが楽しみです。 デジタル化で、絵本の絵は綺麗になってきましたが、私は昔ながらの優しい絵のタッチのほうが、赤ちゃんも好きだと思います。 復刊、心から待っています。 (2014/03/05)

1

子供の時に家にあって、よく読んでもらっていた大好きな本でした。 タイトルも忘れてしまっていたのを、ようやく調べて、みどりのはしごという絵本だとわかりましたが、絶版で手に入らないと知りがっかりしています。とても素敵な絵本だったので、ぜひもう一度読みたいです。 (2013/04/08)

1

幼稚園の年長の頃に配られた絵本だと思います。「赤かぶのサラダ」なんて食べたことがなかったので、私にはとっても魅力的にうつりました。当時の自分も、おばあさんと一緒に木の上に登ってごちそうになったんだろうと思います。手元にはないけれど、思い出すだけで幸せを感じる絵本です。是非、復刊をよろしくお願いします!! (2012/10/15)

1

もの凄く大好きな絵本で探していました。 大人になってもう一度読みたい!手にしたいと思ってもタイトルを覚えていなかった為なかなか探し出せずやっと探し出せたと思ったら絶版なんて。絶対復刊していただきたいです。よろしくお願いいたします。 (2010/10/11)

1

もっと見る

新着投票コメント

安房さんのファンです。オークションや古本屋で探しても手に入らなかった一冊、これは欲しいです! (2016/11/07)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • みどりのはしご

    みどりのはしご

    13 個

    【著者】安房直子 文 / 黒井健 絵
    【発送】3~6日後

    子どもも大人もサラダが食べたくなる! 安房直子と黒井健の二大作家による希少本がついに復刊! お庭にかかったみどりの...

    1,944 円 (税込)

読後レビュー(1件)

  • 小さなフォークと小さなサラダがたまらなくて。

    megs 2015/02/24

    子どもが出来、ずっと読み聞かせたくて探し、復刊をまっていました。

    ところが先日、実家に帰ると私の部屋の机の上に、みどりのはしごが置いてあるではありませんか。母が孫のために、納戸から見つけてくれたそうで、本当に感動しました。

    おばあさんは、小さな小さな庭に、大きなモチノキがあるいえに住んでいました。おばあさんはこの木が大好きでした。

    ある日、おばあさんはモチノキのしたに赤カブの種を10粒蒔きました。お客様に、サラダにして出すのを楽しみにしていたのですが、おばあさんの家には誰も訪ねてきてくれません。

    ある朝、食べ頃の土の中で食べてと歌っている赤カブの数を数えると、9本しかありません。

    不思議に思っていると、ふと電話が鳴り、「おばあさん、さっきは赤カブをありがとうございました。これからあれでサラダを作りますから、どうぞモチノキのみどりのはしごを登って、食べに来て下さい。」と言われました。

    モチノキの小人の可愛らしいみどりのお家まで長〜いハシゴを登ったおばあさんは、可愛らしいフォークで可愛らしい(背中も腰もシャンとなる)サラダをご馳走になって、帰ります。次は豆の畑を作ると約束して。

    おばあさんは、もう孤独ではないのだという温かさ、そしてあんなハシゴを登れてしまうおばあさんにもびっくりした事を覚えています。

    サラダが食べたくて食べたくて。子どもの頃、おねだりして作ってもらった赤カブのサラダは、辛くて美味しくなかったけど、今では大好物。見るたびに買って帰って、サラダにしています。

    ぜひ、復刊して多くの子どもに読んで欲しいです。

    野菜嫌いの克服にも、役立つかな?

    1

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/08/30
『みどりのはしご』が50票に到達しました。
2016/08/26
『みどりのはしご』復刊決定!
2006/04/02
『みどりのはしご』(安房直子 作 / 黒井健 絵)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る