1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『瀬戸内の旅情 その歴史と風土(奈良本辰也(文) 緑川洋一・名執剛輔(写真))』 投票ページ

瀬戸内の旅情 その歴史と風土

  • 著者:奈良本辰也(文) 緑川洋一・名執剛輔(写真)
  • 出版社:大和書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/01/25
  • 復刊リクエスト番号:32325

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本史家、奈良本辰也氏が、愛媛大三島、能島、来島と、かつて跳梁していた海賊などについて、独自の史観に基づいて綴った史論。緑川洋一氏、名執剛輔氏のお二方の撮影による写真図版も多数収録。A5判、1972年出版。当時の定価は1500円。
オーナー評価★★★★★★★☆☆☆

【目次】
瀬戸内海の玄関で

室の津・家島…遊女と古墳の津

小豆島…ロマンの島

牛窓…古き津の残照

下津井…古城のある町

塩飽…人名の島

鞆の浦…寺と鍛冶屋の町

尾道…旅愁を誘う港町

因島…女侠一代と造船所

御手洗から木の江へ…おちょろ巡礼記

大三島・能島・来島…海賊衆のあとをたずねて

松山…回想と現実の交錯

倉橋島…落日の美しさ

安芸の宮島…歴史と自然との出会い

対談・瀬戸内海を語る/奈良本辰也・上田篤

【写真図版】
緑川洋一…原色版7葉

名執剛輔…単色版53葉

新着投票コメント

現在では大三島についての新しい史観があることと思いますが、奈良本氏の名著として、遺してもらいたい一冊です。 (2006/01/25)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/01/25
『瀬戸内の旅情 その歴史と風土』(奈良本辰也(文) 緑川洋一・名執剛輔(写真))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る