復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

22

投票する

町から来た山猿




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 22

著者 滝瀬尚信
出版社 小学館
ジャンル コミック・漫画
登録日 2005/12/15
リクエストNo. 31919

リクエスト内容

1974年の「小学六年生」に一年間連載されていたマンガです。
主人公の風貌はまさに山猿なのですが実は切れ者で、
自然の中で町から来た少年少女に生きる術を伝授していくストーリーです。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全22件

  • この作品は、今でも読み直したくてしかたがありません。子供の頃、兄の雑誌(「小学6年生」)に連載されていました。小学館の雑誌シリーズの中では、一番印象に残る作品です。主人公「はらはじめ」の、のほほんとした風貌と隠された実力のギャップがとても新鮮で、二枚目でもないこのキャラクターの虜になってしまいました(このキャラのスタイルは、恥ずかしながら大人になった今でもどこか理想としてしまっているところがあります)。何とか一冊にまとめてくれないでしょうか。ぜひともお願いします。ちなみに作者は、いまどこかの漫画系の学校の先生をしていらっしゃるとか。直接お会いできたら、是が非でも「読ませてください!」と懇願するつもりです。(2013/02/20追記→)紹介されている三編以外に「雪山」編と呼ぶべき話があったのをご存じでしょうか。私は兄より一つ年上の従兄の「6年生」でその一部分を読みました。雪山にはらはじめと他の小学生が閉じ込められて、はらはじめが懸命に生存のための行動をとるという、キャンプ編に似た話です。検索してみると、どうもはらはじめがスキーで天然の露天風呂に突っ込む所から始まっているようですね。 (2006/07/04)
    GOOD!2
  • 1974年4月~1975年3月まで小学六年生に連載された、とても面白い漫画です。当時は同時連載だったドラえもんよりも面白くて何回も何回も読み返しました。残念ながら時は経て山中でのサバイバルの回以外のエピソードは忘れてしまいました。復刊を強くリクエストします。 (2019/03/29)
    GOOD!1
  • ものすごく印象に残っている作品です。
    ゲンシくんのおおらかさ、たくましさに、こんな同級生がいたら楽しい学校生活だったなあと思いました。
    葛の根をすりおろしてくずもちを作るエピソードもありました。
    もう一度まとまった形で読みたいです。 (2018/11/17)
    GOOD!1
  • 1962年度生まれで小学館の雑誌「小学6年生」に掲載のマンガでとても懐かしいです。
    特に最終回、ゲンシ(原始)=ハラハジメ(原始) の種明かしには感動しました。
    当時の「小学6年生」で思い出すのは、このマンガと「なぜ大人になるの」の挿し絵がちょっぴりエッチだったことです。 (2017/07/21)
    GOOD!1
  • 小学生の時に読んだ中で一番記憶に残っているまんがです。雑誌の次号が出るのが待ち遠しくなるほど、おもしろかったです。古本屋をまわる時にはいつも気にとめているんですが・・・。単行本として出ていないのはたいへん残念です。 (2014/12/04)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2012/05/11
    『町から来た山猿』が10票に到達しました。

  • 2005/12/15
    『町から来た山猿』(滝瀬尚信)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!