1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ふうちゃんの大りょこう(松谷みよ子)』 投票ページ

ふうちゃんの大りょこう

  • 著者:松谷みよ子
  • 出版社:小峰書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2004/11/26
  • ISBNコード:9784338018050
  • 復刊リクエスト番号:27046

得票数
21票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

小さな女の子ふうちゃんが、いなくなったネコ「ポウ」を探して一人でアメリカまで行ってしまうお話。

投票コメント

小学校低学年のときに図書館で何度も呼んだ思い出深い作品です。 いなくなった猫を探しにふうちゃんが一人でアメリカまで行ってしまう大冒険をどきどきしながら読みました。 ねこの大好物がおせんべいだったことや挿絵がいまは亡き馬場のぼるさんのほのぼのとした可愛いものだったことを懐かしく思い出します。 「ちいさいももちゃん」「貝になったこども」「ふたりのイーダ」など大好きな作品を一杯残してくださった松谷さんのご冥福を心からお祈りします。 (2015/03/18)

1

松谷みよ子様の御冥福をお祈りすると共に、心より「有難うございます!」と申し上げます。 過去形ではなく現在形であるのは、私は『ふうちゃんの大りょこう』をも手にしていないからです。 松谷みよ子様は、「母性絵本作家」と認識される事が多いようです。 が、それは一面であります。 いや・・・所謂「母の懐」の広い目線から、様々な世界や社会を描いていらしたのかも知れません。 穏やかに世界を見詰め、人の気持ちや心を描いてこられた作家さんの隠れた名作? 拝読したいです。 (2015/03/18)

1

子どものころに何度も何度も読みました。猫を探すためにバスケットに必要なものを詰めて出発する、あれあれというまに思わぬところまで行ってしまう、子ども心にどうなるの?とはらはらしたり、ほっこりしたり。ぜひまた手に取りたいです。 (2013/08/10)

1

小学一年のときに、担任の先生によんでもらい、大好きになった本です。後に母が買ってくれて、何度も何度も読みました。暖かい絵、大りょこうというより、大冒険を明るく楽しくするふうちゃん。飼い猫へのふうちゃんの思い、色々感じることが多く、情操教育的にも、とても良い本だと思います。自分の子供にも読ませたいです。 (2013/06/27)

1

小学校1年生の時にこの本を読み、ふうちゃんが機内食として食べるアイスクリームに憧れました。 記憶にないんですが、相当、騒いだんでしょうね。アメリカに仕事で行った父から届いた絵はがきには、「機内食美味しかったよ」の記述が。 是非、読み直したいので復刊実現して欲しいです。 (2011/07/18)

1

もっと見る

新着投票コメント

今から40年近く前になりますが、小さな頃よく母に読んでもらっていて優しい絵柄にふうちゃんの壮大な旅行と今でも印象に残っています。 字もまだ読めない頃は挿絵頼りにページをめくり、とても楽しく見ていた記憶があります。 復刊したら姪にも読んでもらいたい名作だと思います。 (2017/08/23)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/06/27
『ふうちゃんの大りょこう』が10票に到達しました。
2004/11/26
『ふうちゃんの大りょこう』(松谷みよ子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

猫に関するQ&A

太った猫が三色アイスを食べている絵本

20年ほど前に母親に読んでもらっていた絵本のタイトルが知りたいです。 ストーリーはうろ覚えなのですが、3匹ほどの猫たちがデザートを作って、誰の作ったものが一番美味しいか、別の太ったねこに試食してもらっ...

TOPへ戻る