1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『夜の手帖(マリー・ローランサン著 大島辰雄訳)』 投票ページ

夜の手帖

  • 著者:マリー・ローランサン著 大島辰雄訳
  • 出版社:六興出版
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/23
  • ISBNコード:9784845360017
  • 復刊リクエスト番号:26512

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『ベル・エポックのパリの華やぎの中の悩ましい吐息。フォーヴとキュビズムのはさみうちに遭った可憐な牝鹿…。』マリー・ローランサンの遺したこの優美な詩文集は、あたかも「枕草子」を思わせる独特な文体で綴られ、彼女の甘美な絵のように個性的な香気、詩情がただよっている。(帯の紹介文より転載)
オーナー評価★★★★★★★☆☆☆

フランスの女流画家、マリー・ローランサン(1885-1956)が綴った詩と散文を集大成し、5点の油彩、7点のデッサンを配した詩画集。原著はローランサンが歿した1956年に、日本版は1977年に出版。

<目次>

【詩】
〔小さな動物誌〕虎 馬 犬 ライオン シマウマ 鳥 仕合せな犬たち 魚 鎮静剤 肖像 子守歌 謎めいたもの バスク地方 肖像 夏 不眠症

妙なる悲しみ 少女の一週間 姉妹の日々 手紙 タブロー アラベスクI.II. 夜の手帖 紅茶茶碗

【散文】
マダム マダム―承前 肉食の羊 講演―思い出 断片 治癒ということ ビアリッツから 馬、私の魂

新着投票コメント

復刊希望! (2009/09/25)

0

何かの絵画の本でこの方の詩を読んでほかの詩も読んでみたくなったからです。 (2009/01/18)

0

学生時代には手元にあったと思うのですが、行方不明になり、近年フランス語をまた勉強しだして、懐かしくなりもう一度読みたくなったのです。 (2008/03/22)

0

マリーローランサンに興味があるから。 (2007/09/05)

0

読んだことはありませんが、内容に惹かれて。 (2005/12/15)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/23
『夜の手帖』(マリー・ローランサン著 大島辰雄訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

画集・イラスト集に関するQ&A

去年頃に見かけた画集です

・横長の長方形の本で本棚にちゃんと収まっていなかった ・深緑が使われた表紙 ・おそらく海外の作家 ・内容は自然がたくさんの風景を俯瞰で見下ろしたイラスト ・自然でできた街やマンションのような風...

TOPへ戻る