1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『別冊太陽 探偵・怪奇のモダニズム(竹中英太郎・松野一夫)』 投票ページ

別冊太陽 探偵・怪奇のモダニズム

  • 著者:竹中英太郎・松野一夫
  • 出版社:平凡社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/09/28
  • 復刊リクエスト番号:26105

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

大正・昭和初期の内外の探偵小説のカバーや挿絵を数多く書いた画家、竹中英太郎と松野一夫の作品特集。ミステリーをはじめとする商業誌の挿絵や、ポスター、レコードジャケットなどの作品を収録。1986年出版。当時の定価は2400円。

登録者の評価★★★★★★★★★★

【目次】

巻頭エッセイ「視覚文化の青春」埴谷雄高

【第一部:怪奇絵師・竹中英太郎】
夢幻画廊―英太郎幻想画集
エッセイ「異形への安らぎ」大島渚
エッセイ「花と戦い」重信房子
「戒厳令の夜」油彩原画
ポスター・レコードジャケット装幀集
まぼろしの映画「祇園祭」
闇からの叫び―小説挿絵傑作選
江戸川乱歩「陰獣」挿絵
横溝正史「鬼火」全挿絵
大江春泥作品画譜

【第二部:モダニズムの旗手・松野一夫】
モボが行く―「新青年」表紙絵集
エッセイ「父の仕事部屋」松野安男
小栗虫太郎「黒死館殺人事件」挿絵
モダンボーイと探偵と―小説挿絵傑作選
サ・セ・パリ―滞仏時スケッチ集
ヴォーグ新女苑
名作絵物語
よい子の絵本
懐かしのパリ
小倉絵巻

評伝「幻視の果ての小宇宙」高橋康雄
作品論「戦慄と退廃の双曲線」山下武

投票コメント

挿絵として、絵画として、素晴らしい業績を残しながらも、無名のまま埋もれてしまい忘れ去られた、才能ある画家たちに、光を当てた素晴らしい本です。また、一段低く見られがちな怪奇小説という分野の文学性についても、新たな認識を促させるに十分な本です。是非、復刊を望みます。 (2004/10/31)

1

すき (2005/11/27)

0

最近になって松野一夫さんの作品の数々を知り、非常に興味を持 ちました。これだけの経歴がありながら、その作品群が語られる 場が少ないように思います。是非後世の貴重な資料としても復刊 願いたいです。 (2005/11/10)

0

絶対見たい (2005/09/30)

0

竹中英太郎の絵がじっくり見たい。手元に置いてじっくり見たい。 (2005/07/23)

0

もっと見る

新着投票コメント

昭和初期という時代に憧れがあります。もう1度手にしてみたいと思っています。 (2007/06/18)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/09/28
『別冊太陽 探偵・怪奇のモダニズム』(竹中英太郎・松野一夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

画集・イラスト集に関するQ&A

去年頃に見かけた画集です

・横長の長方形の本で本棚にちゃんと収まっていなかった ・深緑が使われた表紙 ・おそらく海外の作家 ・内容は自然がたくさんの風景を俯瞰で見下ろしたイラスト ・自然でできた街やマンションのような風...

TOPへ戻る