復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

58

投票する

さようならアルルカン

さようならアルルカン

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 58

著者 氷室冴子
出版社 集英社
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784086103206
登録日 2004/06/22
リクエストNo. 24706

リクエスト内容

結構難しい哲学的な内容だったような・・・
あんまり覚えていないんです。ごめんなさい

復刊ドットコムスタッフ

氷室冴子のデビュー作で、表題作ほか全4作品を所収した短編集。1979年刊。
アルルカンとは、フランス語で道化役を意味します。
小学生のときから、正義感の強い真琴に憧れていたわたし。だが、周囲に疎まれた事から仮面を被り、道化役へと変わってしまった彼女を見るにつけ、やがて悲観するようになってしまう。高校生になったわたしは、真琴の事を思い出し、図書館の貸しカードを頼りに、彼女が借りた本と同じ本を読み、当時の彼女の心を探っていく---。
自意識過剰な少女期の心の機微を丁寧に描き出した本作に、多くの復刊リクエストが寄せられています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全58件

  • 懐かしいです。その後、ユーモア小説的なものをお書きになるようになる氷室さんですが、この作品はシリアス。少女の心の奥深くをとても丁寧に描き出しているお話だったと思います。同年代で読むと、涙が出そうな。今は遠く離れた年代になってしまいましたが、繊細な少女の心のお話をもう一度読みたいです。是非復刊を! (2006/08/17)
    GOOD!4
  • 純粋すぎて周囲から浮いていた真琴の”硬派な少女”の生き方が鮮やかで、大好きでした。懐かしいです。世の中がどんなに変わっても、こういう少女は多分沢山いるはず。彼女達への応援歌として、ぜひ、残して欲しいし。
    『異端を排除したがる=世間のイジメ問題』を考える道徳の教科書にも良さそうですよ!
    絶版なんて、本当に、勿体ない! (2009/06/14)
    GOOD!2
  • 作家の氷室冴子さんが、先週金曜日に亡くなりました。
    十数年前から著作活動を停止され、今にいたるまで
    新しい作品は発表されていません。
    いつかきっと、物語の続きを読ませて下さるはず、と
    希望を抱いていましたが。。。
    先生が亡くなられた事によって、私達は新しい作品を
    永久に読むことが出来なくなってしまいました。
    先生のお名前が埋もれてしまわないうちに、出版社が
    絶版となっている作品の数々を復刊して下さるよう、
    切に希望します。 (2008/06/08)
    GOOD!2
  • アルルカン、道化役という意味だったんですか、、、

    確か藤田和日郎先生のからくりサーカスの漫画に

    アルルカンというキャラクター、そして単語を目にして以来、

    アルルカンっっ!? 、、、

    凄く印象に残っています!!!

    その関係と言う訳ではありませんが、興味が湧いてます。

    是非復刊して頂き、読んでみたいです。 (2019/07/31)
    GOOD!1
  • 持っていたのに、引っ越しの際に手放してしまった事を後悔しているうちの1冊がこれです。その時は、「ちょっと暗い話だし・・」と思いましたが、年月を経て、また読みたくなりました。先生がお亡くなりになった事で、先生の作品がこの世から消えてしまうのはあまりにも惜しい。そんな作品の一つです。 (2019/07/04)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2015/01/17
    『さようならアルルカン』が50票に到達しました。

  • 2004/06/22
    『さようならアルルカン』(氷室冴子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!