1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『伊勢神宮の古代文字(丹代貞太郎・小島末喜)』 投票ページ

伊勢神宮の古代文字

  • 著者:丹代貞太郎・小島末喜
  • 出版社:私家版(山雅房)
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/05/15
  • 復刊リクエスト番号:24137

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

伊勢神宮に代々伝わる「神代文字」の数々の紹介をしている本。伊勢神宮の神宮文庫にある菅原道真や平将門などの平安時代の有力者の奉納文が100点以上あり、その文が漢字やカタカナ、ひらがなではなく、アヒルクサ文字やイヅモ文字で書かれている。神代文字を研究するには必須の書籍だか、私家版ということでほとんど流通していない。

新着投票コメント

これからの日本にとって大切な本になるような気がします。 話に聞くだけでなく、実際に読んでみたいので、ぜひ、復刊お願いいたします。 (2018/07/27)

0

「藤原鎌足・藤原不比等・源頼朝・源義経等の、本人による奉納文」 というのを、見てみたいです! (2012/06/14)

0

とても興味深いので復刊希望します。 (2011/07/02)

0

伊勢神宮とアマテラスについて調べています。興味があります。復刊を切に希望します。 (2010/06/26)

0

幻の書 (2008/03/02)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/07/27
『伊勢神宮の古代文字』が10票に到達しました。
2004/05/15
『伊勢神宮の古代文字』(丹代貞太郎・小島末喜)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る