1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ビリー・バッド(ハーマン・メルヴィル)』 投票ページ

ビリー・バッド

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

海軍の艦上が舞台で、無垢の船乗りビリーが、ふとした事件及び感情の行き違いから、同僚を殺し、艦上で裁判にかけられ、艦長は、ビリーに非がないことを知りつつも、海軍の法に従わざるを得ず、泣く泣くビリーを処刑する・・・。
ちょっと涙が出るような、感動の結末です。メルヴィルの作品としては、文庫本で200ページ足らずと短く、一気に読み通せます。

新着投票コメント

19世紀アメリカの文豪メルヴィル、最晩年の中編小説。白鳥の歌というべき好編です。これを復刊しないのは、読書会の損失! (2004/04/14)

0

投票する

このリクエストの関連商品(2件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ビリー・バッド ハーマン・メルヴィル 著 / 留守晴夫 訳
1,620円 amazon.co.jp
ビリー・バッド ハーマン メルヴィル 著 / 飯野友幸 訳
946円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/12/18
『ビリー・バッド』販売開始しました!
2013/12/02
『ビリー・バッド』販売開始しました!
2007/02/13
『ビリー・バッド』販売開始しました!
2004/04/14
『ビリー・バッド』(ハーマン・メルヴィル)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る