復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

8

投票する

マジプール・シリーズ

マジプール・シリーズ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 8

著者 ロバート・シルヴァーバーグ
出版社 早川書房
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784150106089 9784150106096 9784150106614 9784150107048 9784150107055
登録日 2003/08/13
リクエストNo. 18666

リクエスト内容

『ヴァレンタイン卿の城』上・下
大行列、サーカス、王家の祝典・・・ピドルイドの都は今新しい皇帝ヴァレンタイン卿を迎え,絢爛たる祭りに酔いしれていた。この惑星マジプールが人類によって植民されて幾年月、かつての先住民メタモルフとの激戦も昔語りとなった。今は人類、ゲイログ、スカンダー、ブルーン等、各異星種族は四方の権威〈教皇〉〈皇帝〉〈聖母〉〈夢の主〉の支配の下暮らしていた。だが、新たに即位したヴァレンタイン卿には秘密が・・・。そして〈夢の主〉の息子が反逆を企てていた。

『マジプール年代記』

『教皇ヴァレンタイン』上・下

『第七の神殿』

最後のはアンソロジーに収録の短編でした。どうもすみません。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全7件

  • 私も未訳の分も含めて出してほしいと思います。
    シルヴァーバーグが断筆宣言後、エンターテインメントを目ざして書いたこのシリーズ。中期の作品のようなテーマ的重さは無いですが、そこはストーリーテラーであるシルヴァーバーグ。独特の世界観の中、一気に読ませる面白さがあります。 (2008/07/27)
    GOOD!1
  • 当時、表紙の絵が気に入り「教皇ヴァレンタイン」を購入するも、実はマジプール三部作の最終編ということを知り、
    前2作を読むまでは読むに読めず本屋に行くたびに「ヴァレンタイン卿の城」と「マジプール年代記」を探していました。
    どんなに探しても見つからず、書店で取り寄せてもらおうと思ったら廃刊になっているとのこと。早すぎでしょ?
    今でも癖になっていて、ハヤカワ文庫のコーナーに行くたび探してしまいます。 (2008/04/28)
    GOOD!1
  • 最近短編も出たので、良いタイミングではないでしょうか。
    巨匠シルヴァバーグの傑作!だと思います。
    特にシリーズ最初の「ヴァレンタイン卿の城」は読んでいてあっと驚く展開が素晴らしいと思います!絶対お奨めしたいです。 (2005/02/15)
    GOOD!1
  • ウォーロック誌第18号の「摩由璃の本棚」で紹介されたときからこのシリーズは気になってました。ここでは、記憶喪失の元皇帝が旅回りのジャグラーとして諸国漫遊の旅をする。SF水戸黄門という紹介をされていました。最近「摩由璃の本棚」の文庫版を読み直して、再び興味を持ち、古本屋巡りをしましたが見つかりません。 (2003/08/17)
    GOOD!1
  • できれば未訳の続編も読みたいです。 (2005/03/23)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2003/08/13
    『マジプール・シリーズ』(ロバート・シルヴァーバーグ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!