1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『Jack and Betty Forever(清水義範)』 投票ページ

Jack and Betty Forever

  • 著者:清水義範
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/08
  • ISBNコード:9784061860933
  • 復刊リクエスト番号:18579

得票数
11票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

講談社英語文庫の1冊。英語教科書のパロディである表題作の「永遠のジャックアンドベティ(Jack and Betty Forever)」をはじめ、パスティーシュ文学の旗手である著者初期の傑作短編の英語訳を収めている。
某清水義範ファンの曰く「翻訳の限界にいどんだ力技」
「パスティーシュ」というユーモアを翻訳するのが難しいのもさりながら、日本で使われている英語教科書の例文、同じく収録作である「蕎麦ときしめん」の蕎麦やきしめんなど、収録作品のどれにも、読者が日本の文化的背景を理解していないと、単に英語に訳されただけではどこが面白いのかわからなくなってしまう危なさがあるが、そこをクリアしてしまっているのが凄い。
日本では文学は「輸入超過」だそうだが、輸出をおぎない、かつ日本文化(?)を理解(??)してもらうのに最適な一冊のひとつ。
オンデマンドか電子出版でもいいです。ぜひ復刊してください。

投票コメント

清水義範先生の大ファンなので、英訳版という珍しいこの本は、以前から欲しい欲しいと思っていました。 ネタバレ厳禁ということなので具体的には書けないし、そもそも読んだことがないので詳しくは知らないんですが、「英→日→英」という重ねられた翻訳が興味深いです。 どうか復刊してくださいm(_ _)m (2004/09/03)

1

清水先生の永遠のジャック&ベティ、英語版も読んだんですが、英訳も秀逸なんですよ。英語を勉強中の日本人に勧めたり、日本の文化や小説に興味のある英米人にプレゼントしたいので、復刊したら複数購入したいと思います。是非復刊をお願いします。 (2004/05/01)

1

Jack and Betty は日本の英語教育史に燦然と輝く 記念碑的な教科書です。それを名古屋人の清水義範さ んと熱血マンガ論のフレデリック.L.ショットさんの お二人が取り組まれたこの「Jack and Betty Forever」 を是非とも読ませてちょ~。くらくりも名古屋人。 (2004/04/30)

1

一般に入手できる日本文学の外国語(英語)訳は、今のところ、古典文学か一部現代作家の作品に限られていますが、講談社英語文庫は、その選択を広げることのできた貴重なシリーズでした。 この「Jack and Betty Forver」を復刊希望する理由の第一は、和文英訳の面白さ。また、私事ながら、外国人に日本文化を紹介する機会が多く「日本の文学を読みたいのだけど、バナナとムラカミ・シキブとムラサキ・ハルキ(註:受けた質問の実例です)の他にどんな作者がいるの?」とたずねられたりしますので、日本人にもユーモア感覚はあるのだぞ、こんな面白いことを書く作者もいるのだぞとアピールするのに、清水作品の英語(中国語)訳はぜひ欲しいのです。 (2003/08/08)

1

英語との出会い (2008/02/26)

0

もっと見る

新着投票コメント

英語版があったこと、知りませんでした。ぜひ読んでみたいです。 (2015/03/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/08/08
『Jack and Betty Forever』(清水義範)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る