1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『白鹿亭綺譚(アーサー・C・クラーク)』 投票ページ

白鹿亭綺譚

  • 著者:アーサー・C・クラーク
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/07/14
  • ISBNコード:9784150104047
  • 復刊リクエスト番号:17960

得票数
13票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ロンドン市街地の裏通り、テムズ川沿いにある、一見ふつうのパブ「白鹿亭」。
水曜日の夜ごと、ここに集まる男たちが披露する、驚くべき「科学的ホラ話」の数々を、ユーモアたっぷりに描く連作短編集。

訳は平井イサク氏、巻末の解説は安田均氏です。

新着投票コメント

読みたい (2007/08/05)

0

絶版になって早幾星霜。 そろそろ若い読者にも接する機会を! (2006/12/20)

0

高校時代に毎日少しずつ立ち読みして、読んだ気になっていたのだけど、今ではすっかり内容を忘れてしまいました。 懐かしいし、また読みたいです。 (2006/08/29)

0

なんとしても読みたい!! 中古にめっさ高値つけてるのは許せない(;゜д゜)ハゥ 手元に置くなら新品がいいのでぜひ復刊を希望 (2006/06/15)

0

とても面白いと聞くのに、 新品がどこにも売ってないので… (2006/02/02)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/07/09
『白鹿亭綺譚』販売開始しました!
2003/07/14
『白鹿亭綺譚』(アーサー・C・クラーク)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2008/07/09
「白鹿亭綺譚」にリクエストをくださった皆さまにお知らせです。

早川書房より重版されました!
水曜日の夜ごと、ここに集まる男たちが披露する、驚くべき「科学的ホラ話」の数々を、ユーモアたっぷりに描く連作短編集。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る