1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『きんいろのしか(ジャラール・アーメド 案 / 石井桃子 再話 / 秋野不矩 画)』 投票ページ

きんいろのしか

  • 著者:ジャラール・アーメド 案 / 石井桃子 再話 / 秋野不矩 画
  • 出版社:福音館書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2003/06/20
  • ISBNコード:9784834018790
  • 復刊リクエスト番号:17486

得票数
66票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

バングラデシュの昔話。
むかし、グリスタンと呼ばれた南の国に、ひとりの王様がすんでいました。。この王様が世の中でなによりも好きなのは金でした。王様のごてんでは、ぎょくざはもちろんのこと、つくえやねだいまでも金でできていました。それでもまだたりないで、王様はくにじゅうの金をごてんのくらにあつめさせ、ほかのものたちはひとかけらのきんもつかってはならぬというおふれをだしていました。


投票コメント

大好きな石井桃子さん再話による「きんいろのしか」。そして美しい秋野不矩さんの絵。いつも図書館から借りてくるのですがどうしても手元におきたいのです。読み聞かせでも聞き手を一気に物語の世界にいざなってくれます! (2015/11/05)

3

バングラデシュの昔話ということで、ちょっとエキゾチックな雰囲気でありながら、しっかり物語を支える絵が画面いっぱいに表現されています。きんいろのしかを見たばかりに、世の中で何より金の好きな王さまの命令(きんいろのしかを3日で探し出す)に従い、心優しい牛追いのホセンの旅がはじまります。心優しいホセンは心無い人間達に傷つけられた動物たちを助けながら、きんいろのしかと再会し、王さまのもとに戻ります。そして、きんのしかは王さまを傷つけることなく、とても利口な方法でホセンと一緒に王さまの宮殿から出ることに成功します。 この本には人間の欲望やずる賢い知恵に、武器を持たずして事なきを終えるという素晴らしい物語です。こういう絵本をたくさんの大人や子どもたちに読んでもらい、人間の素晴らしさを全身で感じて欲しいと思っています。 (2016/02/08)

2

たくさんある同様の本の中で、一番の名作。 石井桃子さんの美しい文章は声に出して読んでわかります。初見でスラスラ読めました。 秋野不矩さんの絵はまさに芸術作品。絵画としても価値が高いと思います。子どもが初めて触れる芸術として、最高の部類と言えるのではないでしょうか。 話もおもしろく、ぜひ子どもたちに与えたい傑作です。 すべての子どもたちのために復刊を心から希望します。 (2019/05/18)

1

秋野不矩さんの絵がすばらしいです。インドの細密画のような細かい描写と日本画の金色使いを生かした色彩が、躍動的な線で鮮やかな画面を構成して印象的です。図書館で見て自分でも欲しいと思ったのですが、絶版ということで残念です。ぜひ復刊してください。 (2019/04/29)

1

小学校で読み聞かせをしています。子ども達には色んな本に出合ってもらいたいと思っています。この本もそんな一冊です。内容も絵もすばらしいです。 (2016/02/10)

1

もっと見る

新着投票コメント

うちの子供たちが小さい頃、図書館で借りて読んだのですが、その時すでに絶版でした。 先日、読み聞かせ講習会で、有名なストーリーテラーの方に見せて頂き、改めて、その完成度に気付きました。 驚く程の速さで、次々と良書が消えていく今、一流の文章と一流の画家の手によるこの本は、読んであげたい、いや、自分が読みたい一冊です。 (2019/07/12)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/01/19
『きんいろのしか』が50票に到達しました。
2003/06/20
『きんいろのしか』(ジャラール・アーメド 案 / 石井桃子 再話 / 秋野不矩 画)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る