1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『エレベーターで4階へ(マリア・グリーペ、山内清子)』 投票ページ

エレベーターで4階へ

  • 著者:マリア・グリーペ、山内清子
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2003/05/29
  • ISBNコード:9784061947375
  • 復刊リクエスト番号:16961

得票数
23票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

十一歳の女の子ロッテンは、手伝いさんになった母親とエレベーターがある立派な屋敷に住むことになりました。1930年代のスウェーデンの上流家庭を舞台にした物語です。

投票コメント

子どものときに図書館で借りて、とても面白かった記憶があります。 最近、たまたまジブリ美術館の図書室で再び出会い、ぜひ手元に!と思ったのですが絶版になっていました。 しかも、続編があるなんて全然知りませんでした。 ぜひシリーズで復刊してほしいです!! (2009/03/17)

1

主人公の11歳の女の子ロッテンはママと二人暮し。住み込んでいるお屋敷の奥様のオルガになぜか心惹かれるのは、二人の関係に何か秘密がありそう…。大きな館の4階にあるお屋敷を舞台に、ロッテンを取り巻く人々の人間関係を緻密に描きながら、その絡み合った糸を少しずつほぐして見せていくミステリー仕立ての大作です。(私は人間関係図と屋敷の図面を書いてしまった!)3巻目まで読んでも、ロッテンのパパが誰なのかはわからない…4巻目を待望しているのですが…グリーぺさん、お元気でしょうか?最終刊が出たらセット販売してほしいです。 (2004/09/09)

1

この本がいつのまに絶版になっていたのですか、知らなかった! とても印象的な物語です。大きなお屋敷にお母さんがお手伝いさんとして雇われて、そこに住む事になった少女ロッテン。幼い身ながら静かな目で周囲の物事を観察する姿はとても凛々しいです。そして、彼女を「ロッチェン」と呼んでこっそりと可愛がるお屋敷の奥様。哀しみをたたえたとても存在感のある登場人物です。続編もとても良い。一巻がなければ続きを読むわけにはいかないのですから、必ず復刊してください。 (2004/09/08)

1

最近(大人になってから)読みました。とても素晴らしいです。ぜひ、手元に置いて、娘に読ませてあげたい!と思いました。 (2010/10/24)

0

主人公の心情描写が印象的で、読了して10年経った今でもふと読み返したくなります。 (2010/10/02)

0

もっと見る

新着投票コメント

子供の頃、図書館にこのシリーズがあって、何度も読み返しました。大人になっても、頭の片隅にイメージの残る、素敵な本です。買おうとしたら絶版のため、復刊して欲しいです。この作者の他の本も読みたいです。 (2017/01/13)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/05/29
『エレベーターで4階へ』(マリア・グリーペ、山内清子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

児童文学ファンタジーに関するQ&A

主人公が海賊で、船で空を飛ぶ児童洋ファンタジーSF

件名の通り、主人公は一人の少年~青年で、海賊なのかどうかは忘れましたが、空飛ぶ船に乗って冒険してるようなファンタジー/SF小説です。空飛ぶ船といっても未来的なものではなく、海賊的な普通の船が空を飛ぶ感じ...

TOPへ戻る