1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ヴァーミリオン・サンズ(J・G・バラード)』 投票ページ

ヴァーミリオン・サンズ

  • 著者:J・G・バラード
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/08/08
  • ISBNコード:9784150106911 9784152020260
  • 復刊リクエスト番号:1344

得票数
187票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

SF短編集。
夏の大きく育った雲を見るたびにグライダーに乗った、雲の彫刻師たちが、雲を刈り込み、形を整えてゆく情景を夢想します。

一夏のあいだ、雲の彫刻師たちはヴァーミリオン・サンズからやってくると、ラグーン・ウエストヘのハイウェイの横にならぴ立つ白いパゴダにも似た珊瑚塔の上を、彩られたグライダーで飛ぴまわった。彼らは砂礁脈からの上昇気流に乗って、白鳥の群れを思わせる晴天の積雲に一角獣を、美しい映画スターの肖像を刻むのだ。観客が車の中からそれを見物するうち、砂漢の空を渡って流れていく雲の彫刻から.涙のしずくのように、つめたい雨が奇怪な形をした彼らの車の屋根に降りそそいでゆく……詩人や作家、大富豪や映画スターなどがこぞって訪れるエキゾチックなリゾート――ヴァーミリオン・サンズ。人々は、そこで暮らす住人の心理にあわせて、さまざまにその姿を変える向心理性の家に住み、音楽店で買い求めた歌う草花を部屋に飾る。そして晴れた日には、両側に音響彫刻の立ちならぶハイウェイを、雲の彫刻を見物に砂上ヨットで砂エイ狩りを楽しむために、ラグーン・ウエストヘとでかけるのだ。

夢と幻想、狂気と倦怠の支配する砂漠のリゾート――ヴァーミリオン・サンズを舞台に、鬼才バラードが詩的想像カと華麗な筆致を結晶化させて、見事に築きあげたエキゾチッグな連作短篇集。

収録作品
『はじめに』 / 『コーラルDの雲の彫刻師』 / 『プリマ・ベラドンナ』
『スクリーン・ゲーム』 / 『歌う彫刻』 / 『希望の海、復讐の帆』
『ヴィーナスはほほえむ』 / 『風にさよならをいおう』 / 『スターズのスタジオ5号』
『ステラヴィスタの千の夢』

投票コメント

J.G.バラードの作品を自炊していて、この作品が無いことに 気づき、購入しようとして絶版になっていることがわかり愕然とした。持っているとばかり思っていて、本棚を探してみたが見当たらず、どうもNW-SFに掲載された作品を読んで満足したのか購入しなかっようだ。 どうして、この作品が絶版になっているのかまったく理解できない。 (2013/01/27)

2

古書では価格/状態ともに納得できる品になかなか巡り合えません。ちょっと高価な叢書(全短編を収録とか)というスタイルでもよいので復刊してほしいです。「ハイ-ライズ」映画化という良い機会を逃さずに、ぜひ! (2014/03/16)

1

J・G・バラードは、サイエンスフィクションというジャンルにとどまらず、20世紀後半に生存した最も重要な小説家の一人であり、彼の著作の中でもこの短編集はきわめて重要な位置を占めるものと考える。この本が絶版などということは考えられず、新しい世代に重要な著作物に触れる機会を奪うものであり許されるものではない。私としても何度も再読している本ではあるが、出版から20年以上も経過し紙質も劣化してきており、ぜひ新しい書籍として入手したい。 (2013/06/24)

1

ibk

ibk

jgバラードの数ある作品群の中でも、特筆すべき美しい短編集。「夢幻会社」以降の作品に見られる、原色的な毒々しい世界とは異なり、淡く繊細なタッチで描かれた独特の「品」があり、何年か前に翻訳家の先生の家で読んで虜になった。 この作品集に掲載されているいくつかは、違う本で読むことが可能だが、やはりまとまった形で読みたい!!というワケで、復刊を強く希望します。 (2007/07/17)

1

傑作です。これが今、入手できないなんて信じられません。バラードの作品のなかでも特に素晴らしいものの一つです。 まず、アイディアからしてやられた、という感じです。長い長い、小説/文学の歴史のなかでこのアイディアがこの小説以前にあったか、というと思いあたりません。そして、そのアイディアを作品にする技術が途轍もないものです。これを読んでいるあいだ程、この世界(この小説)が終わってほしくない、と思い続けていました。今でも、この作品のなかの様々な情景が浮びます。バラードがこのシリーズを再開してくれることは、私の最大の願の一つです。 (2006/12/23)

1

もっと見る

新着投票コメント

グレッグ・イーガンやテッド・チャン等、近年のハードsfトップランナーの作品は確かに面白い。しかし、数学やコンピュータ科学分野にバックボーンをもつ彼らよりも、医学を修めたバラードの世界に私は惹かれる。 (2017/07/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/12/21
『ヴァーミリオン・サンズ 』が規定数に到達しました。
2000/08/08
『ヴァーミリオン・サンズ』(J・G・バラード)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2003/12/21
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る