1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ウィンターズ・テイル(マーク・ヘルプリン)』 投票ページ

ウィンターズ・テイル

  • 著者:マーク・ヘルプリン
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/09/16
  • ISBNコード:9784150200930 9784150200947
  • 復刊リクエスト番号:12216

得票数
18票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

<上巻>
19世紀末のマンハッタン。
ピーターは雪におおわれた公園を、こけつまろびつ必死に逃げまわっていた。
彼は裏切り者として、仲間の盗賊たちに追われていたのだ。
敵は多勢、ピーターは一人、彼の命もあわや風前の灯かと思われた時、1頭の白馬が現われた。
彼は天の助けとばかりに白馬に跨がるが…。
チャールズ・ディケンズの奇怪な登場人物、ガルシア・マルケスの魔術的リアリズムの手法、
ジョン・アーヴィングの悲喜劇性、トールキンの神話創造力―これらの要素をひとつにして、現代アメリカ文学の旗手が壮大な物語空間を構築した超話題作!

<下巻>
盗賊たちの魔手から逃走中、ピーター・レイクは手負いの天翔ける白馬とともに空から落下した。
おかげで記憶を完全に失うはめになったが、幸い一命だけはとりとめた。
だが、周囲の人々や街の風景が異様に思えるのは、どうやら記憶喪失のためばかりではないらしい―ピーターは、一挙に百年の歳月を飛び超えてしまったのだ!
今や別世界と化したマンハッタンを、ピーターは途方にくれて彷徨うが…。
物語性の枯渇した現代小説に豊穣な“語り”によって活を入れ、ジョン・アーヴィングと人気を二分するヘルプリンの代表作。

(解説)高橋源一郎。

神話とか幻想とか悪夢とかをぶちこんだ都市小説。
エリクソンほど暗くなく、ミルハウザーほど人工的でもない。

投票コメント

確かに難解であらすじの書きようもないけれど もし都市に神話が存在するとすれば、きっとこのような物語になるのだろう。 過去と現在にまたがるニューヨークの街の描写がため息をつくほど美しく 壮大な詩のように香り高く幻想的な作品。 ファンタジーへの既成観念をかなり揺るがされた覚えがあるなー 変な言い方だが、この作品だけでこのジャンルを極めている気がする。 隠れた名作とするにはあまりにも惜しい。 (2003/05/20)

1

寿

寿

たった一冊(上下巻ですが)なのに、 たくさんの物語が詰め込まれていて、再々読したくなる本。 ぜひ復刊をお願いします。 舞台は過去と現在のN.Y.。 摩天楼のそびえる大都会と、 そこで起きる不可思議な出来事が調和して FTだけではない、独特の雰囲気を醸し出しています。 蛇足ですが、最近邦訳の出た ミルハウザー「マーティン・ドレスラーの夢」を読んで この本を思い出しました。 (2003/01/08)

1

大好きな小説です。いつでも読み返せるように、復刊を希望します。 (2006/01/13)

0

すき (2005/11/25)

0

本国では新作がベストセラー中のヘルプリン。 彼の代表作が入手困難では友達にも薦めにくいです。 是非復刊よろしくお願いします。 (2005/08/13)

0

もっと見る

新着投票コメント

よみたい (2010/04/29)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(2件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ウィンターズ・テイル 上 マーク・ヘルプリン 著 / 岩原明子 訳
1,058円 amazon.co.jp
ウィンターズ・テイル 下 マーク・ヘルプリン 著 / 岩原明子 訳
1,058円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/12/03
『ウィンターズ・テイル 上』販売開始しました!
2014/12/03
『ウィンターズ・テイル 下』販売開始しました!
2002/09/16
『ウィンターズ・テイル』(マーク・ヘルプリン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る