1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ(河合奈保子)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ

全201 件

昭和55年(1980年)から平成9年(1997年)まで約17年に亘って、清純派のアイドル歌手・シンガーソングライター・女優などで活躍された河合奈保子さんの著書です。 昭和56年(1981年)10月5日に、歌番組のリハーサル中に4.5mの深いセリに転落し、生涯車椅子の身体になりかねない重傷(腰椎損傷)を負い、入院・療養を余儀なくされました。状況が悪ければ命を落としかねなかったそうです。 この書籍では、その顛末が当時の10代女性の可愛らしい筆致で記述されています。 また、アイドルの著書と思えない書籍の装丁や真面目な内容で、彼女の真摯さが伝わってきます。 私はこの書籍を読了し、河合奈保子さんは「アイドル(偶像)」ではない、私たちと同じ「人」なんだと知りました。 可愛らしさと美しさ、歌唱力の高さ、そして虚飾の世界にあっても飾らずに優しく気さくで誠実であり続けた河合奈保子さんの人となりを知るためには必読です。 先日21年ぶりに肉声を聴かせてくれた河合奈保子さん。変わらぬ心優しきお声に、この「わたぼうし翔んだ」の復刊を快諾していただけるような印象がしました。 (2018/07/08)

23

世間一般の河合奈保子さんに対するイメージは未だに「胸が大きい」や「グラビアアイドル」みたいなのが大半です。 彼女のファンの人達は彼女が本当に音楽が好きで、圧倒的な歌唱力に加え、楽器演奏、曲作りまでこなす豊かな才能を知っています。でも、河合奈保子さんの一番の魅力は容姿よりも音楽的才能よりも、彼女の人柄であると思っています。飾らない人柄、優しい人柄、素直な人柄、真面目な人柄、全てメディアを通じてしか知らない事ですが、メディアが彼女を批判的に伝えているのを見た事がありませんし、彼女の周りの人達のコメントも彼女のそんな人柄を伝えるものばかりです。河合奈保子さんの本当の魅力を伝える書籍は写真集などよりも、彼女の言葉を綴ったこのようなエッセイだと思います。特にこの本は大怪我をして自身が大変な時に周りへの感謝の言葉が溢れており、彼女の人柄がよく表れている本です。一人でも多くの方に読んでいただきたいお勧めの一冊なので復刊を強く希望します。 (2018/08/05)

17

河合奈保子さんのような方は、芸公人にはなかなかいないタイプです。この本を読むと、音楽や歌から本当の心が伝わって来るように、彼女の人柄の良さが伝わってきます。「根っから良い人」て気がします。 (2018/08/08)

14

私はブラジル人のビクトリアといいます。「わたぼうし翔んだ」を復刊して欲しいです。何故なら、河合奈保子さん自身について、そして1981年に彼女が遭遇した事故の時からの彼女の人としての在り方への深い考えについて知りたいからです。 この本が発売されてから10年後に私は生まれました。私は昭和時代の日本のアイドルに興味を持ち、河合奈保子さんに憧れを抱くとともに彼女がこの黄金時代の真のアイドルとしてあり続けていると思っています。 奈保子ちゃんは大変興味深い方です。どうぞ私たちがこの彼女の著書を再び読めるようにしてください。 (2019/01/08)

11

歌手デビュー2年目、18歳の女の子が 下半身不随になったかもしれない大怪我にあいながらも 治療してくれた病院の医師や看護婦・スタッフ・親族・療養先の宿のみなさん・支えてくれたファンへの感謝にあふれている本です。 周りを押しのけて自ら前に出てくる方が多いのが芸能界なのに 自分の事よりも周囲を大切にしてた河合奈保子さんの 心遣いに触れられる本です。 (2018/09/05)

11

数十年前、中学生の時に奈保子ちゃんを好きになりました。 時を経て、今また奈保子ちゃんの楽曲を聴くと全く色褪せないどころかますます曲、声、人柄、全てに素晴らしさを感じます。当時を知る貴重な本の復刊是非お願いします!! (2019/01/06)

9

この本を読むことで河合奈保子と言う人を、さらに、知りたいと思った (2019/01/07)

8

この本が発売された頃、私は中学生でレコードや写真集を買い集めるのが精一杯でした。五十歳を前にして私が奈保子さんの曲の中で一番好きな ラブレター を歌っていた頃におきた事故について書かれたこの本をあらためて読んでみたいとの思いから復刊を希望します。奈保子さんが活動を休止されてから二十年以上たちますが、今でも奈保子さんの応援を続けている方が日本全国にはたくさんいます。私と同じようにこの本を今 読んでみたいと思っている方もたくさんいると思います。是非ともお願いします。 (2018/12/29)

8

いまでも、この本を買った時のことを覚えています。 本屋の場所、この本の置かれ方、本を手に取って、立ち読みしてすぐ購入を決めた心の昂揚、下宿で一心に読み、ああ、自分は生涯この人のファンだ、と思った時のことを。 自分の原風景だから、もう一度手にしたい。 (2018/10/13)

8

本人の復帰が望めないならせめて著書の復刻で少しでも彼女に触れたいな~~ (2019/01/06)

7

奈保子ちゃんの入院ショックだったな 確か当時読みました。 もう一度読み直したくなりました。 (2019/01/06)

7

かわいいから。 今になって歌のうまさや才能を知ったから。 (2019/01/05)

7

河合奈保子さんは、アイドル歌手としてもシンガーソングライターとしても活躍された素晴らしい方です。その奈保子さんが、デビューから1年後に転落事故で、重症を負われた際、書かれた本がこの本です。奈保子さんの当時の闘病の様子をもう一度読みたいと思ったので、復刊を強く希望致します。 (2018/12/29)

7

最近、河合奈保子さんの曲をよく聴くようになり、youtubeでこの本の復刊リクエストがあると知ってこの本を読みたいと思いました。映像でみる奈保子さんはとても可愛らしく、明るく、一生懸命で、そんな奈保子さんにいつも癒されています。奈保子さんのことを、単純にもっと知りたいと思ったので是非、復刊してほしいです。 (2018/12/23)

7

you tubeでこの本の復刊投票を呼び掛ける動画があり、ファンの方々のコメントを読むうちに、この本を読みたい気持ちが強くなりリクエストする事にしました。 (2018/10/25)

7

読んでいて、河合奈保子さんの歌への想いが凄く感じられた。魅力ある本です。 (2018/09/03)

7

80年代にアイドルとしてデビューし大人気だった河合奈保子さん。素直で優しく清らかな品行を保ったまま、アイドルからアーティストへと成長していった唯一無二の芸能界での成功者だと思います。 正直者はバカをみる世知辛い世の中を、誠実に力強く渡り切るには、どういう心持で生きて行けば良いのか教えてくれている著書だと思います。 「和を以て貴しとなす」実践できている河合奈保子さんのような人はほんの僅か。しかしながら、彼女のような心持の人間が増えれば増えるほど「平和な世界」に近づける。そう思わせてくれる非常に大切な著書だと思うからです。 (2018/08/03)

7

アイドルとしてデビューした彼女ですが、実はピアノ、ギター、マンドリンをこなすアーティストでのちに作曲家としても活躍します。 そんな稀有な存在をもっと皆に知ってほしい。そんな思いで復刊を望みます。 (2019/02/11)

6

近代映画社さんの出版もありました。たくさんのファンが待っています。よろしくお願いします。 (2019/02/03)

6

当時ファンであったが、この本を読むことが出来なかったので。 (2019/01/06)

6

自分は病気療養中ですが、他の人の闘病記を読んでみたいからです。 (2019/01/01)

6

河合奈保子 (2018/12/28)

6

天使のような奈保子さんが見たいです。 (2018/12/28)

6

tt

tt

アイドルとしての河合奈保子さんは今なお評価は高いですが、アーティストとしての評価や人柄の評価は不足しているように思います。 もっともっと評価されるべきです。 彼女の本の復刊を是非、希望します。 (2018/12/26)

6

昭和55年のデビュー以来のファンでしたが、レコード・CD・DVD・コンサート等々全く手を出してきませんでした。5年ほど前からCDやDVD等を手に入れ始めた遅咲きの高齢のファンです。今回、熱狂的なファンの方々が復刻に全力投球されているのを知り、微力な一票を投じたく投票に至りました。 若かりし日に、彼女が認めた著書を拝読できたら、何と幸せな事かと思います。よろしくお願いいたします。 (2018/12/12)

6

西城秀樹さんの妹としてデビューされた河合奈保子さん。最近知ったのですが、他の方に決まりかけていたところを秀樹さんの強い推しがあって奈保子さんに決まったとか。これからというときに事故にあってしまって、本当に可愛そうでした。復帰後はどんどん歌が上手くなって綺麗になっていったことが凄く印象的です。私はヒデキファンですが妹分の奈保子さんが療養中に何を思っていたのか興味深いです。 (2018/12/09)

6

このところ奈保子さんの歌っている映像をよく見かけ、その度に爽やかな笑顔と歌の上手さに今更ながら驚き、見入ってしまいます。そんな中こちらの本を知りました。事故があったのはうっすら記憶にあったもののこんな大きなものだったとは。そしてお若い時に。奈保子さんのお気持ちを綴られたこのご本ぜひ読ませて頂きたいです。当時を知らない方にもぜひ。 (2018/12/01)

6

私は10代ですが、河合奈保子さんの歌声とその人柄に魅せられてたちまちファンになりました。そして奈保子さんのことを追う中で、この転落事故のことを知りました。 滅多に涙を見せない奈保子さんが、復帰後の歌番組で親衛隊の声援を受けて涙で詰まりそうになりながら歌う姿がとても印象に残っています。事故から復帰まで、奈保子さんが何を思い何を描いていたのか、ぜひこの本を読んで知りたいと思います。 (2018/11/03)

6

転落事故があったのは知っていましたが、この本は読んだことがありませんでした。河合奈保子さんがどのような思いで療養されていたのか、その後の彼女をどのように変えたのか知りたくて投票させて頂きました。 復刻されたら、是非とも読んでみたい一冊です。 (2018/09/30)

6

発売当時に購入し、今でも所有しております。 所謂アイドル本とは違い、写真はモノクロ1枚のみ。 本人の日記も織り交ぜ、当時の御本人の気持ち等がよく分かる、しっかりとした読み物になっていると思います。 彼女のファンでまだ読んだことがない人には、是非、読んでもらいたい一冊です。 それにしても今読み返すと、現在の河合奈保子さんの状況と当時の彼女の夢がとてもマッチしていて驚かされます。 ふわふわしたイメージだった彼女ですが、10代の頃から、とてもしっかりした女性だったのだな、と思いました。 もし復刊したら、もう一冊買います。 今、持っているのは少し日焼けしてしまってますので、綺麗な本をもう一冊。 宜しくお願いします。 (2018/09/07)

6

全201 件

TOPへ戻る