復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,640円(税込)

忍者とは何か 忍法・手裏剣・黒装束

吉丸雄哉

2,640円(税込)

(本体価格 2,400 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:24ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 吉丸雄哉
出版社 KADOKAWA
判型 四六変
頁数 472 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784047036239

商品内容

黒装束で忍者刀を携え人並みはずれた力をもつ。我々が「忍者」といって想像する姿は、歴史上に存在した実際の「忍び」とはかけはなれたものである。特殊な服装で特殊な武器を持っていては、自ら正体を明かしてしまう。
それではなぜ現在のイメージになったのか? 中世軍記に描かれた姿や名将楠木正成、近世の石川五右衛門、飛加藤、装束や武具の誕生、忍術と妖術の関係、漫画や映画ほか、忍者の虚像を通史的に読み解く。
 
▼目次
第一部 軍記の中の忍び  
--第一章 『太平記』の忍び  
--第二章 忍びのさまざま  
第二部 近世忍者像の成立と変遷  
--第一章 石川五右衛門-豪胆な悪の魅力  
--第二章 飛加藤について-忍者ができるまで  
--第三章 忍者のさまざま  
第三部 忍者の表象  
--第一章 忍者装束の発生と展開について  
--第二章 手裏剣と忍者  
第四部 忍者像の深化  
--第一章 忍術と妖術  
--第二章 猿飛佐助と真田十勇士  
--第三章 変わりゆく忍者像

▼著者プロフィール
吉丸雄哉(よしまる かつや)
1973年生まれ。三重大学人文学部准教授。専門は日本近世文学。
主な著書に『武器で読む八犬伝』(新典社、2008年)、『式亭三馬とその周辺』(新典社、2011年)、編著に『忍者文芸研究読本』(笠間書院、2014年)などがある。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!