復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々

夢枕獏 作 / 天野喜孝 絵 / 叶松谷 企画

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 夢枕獏 作 / 天野喜孝 絵 / 叶松谷 企画
出版社 KADOKAWA
判型 四六判
頁数 192 頁
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784041063569

商品内容

夢枕獏×天野喜孝の豪華コラボレーション!

ポエジーな物語を幻想的なイラスト63点が彩る、奇跡のコラボ絵本。

ハロウィンの夜、タックとチーマはお父さんの部屋にある「秘密箱」を見つけた。
中に入っていたのは一本の古い剣と白い三角形をしたとがったもの。
剣をもったタックは、その剣先をうっかり机の上の水晶のどくろにぶつけてしまう。
「カチン」と音がした瞬間、チーマが持っていた白いものがみどり色の炎をあげて燃えはじめる。
すると外から子供の天使がやってきて、テーブルの上にもっていた白い丸いものを置いた。
そのたまごのようなものに、みるみるひびが入ってゆく。
すっかり割れたその中から出てきたのは、猫のような竜。猫竜のこどもだった。
見た目はかわいい猫竜は千年に一度生まれる白いドラゴンのこども。
生まれた時に、バロルの持っている青い金剛石を食べさせないと、黒いドラゴンになって世界を滅ぼしてしまう。
そこでタックとチーマは、青い金剛石を探しに冒険に出かけることにした--。

▼著者プロフィール
天野喜孝(あまの よしたか)
1952年、静岡生まれ。イラストレーター。ゲームソフト「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザイン、ビジュアルコンセプトを担当。また、小説の装画、挿絵を手がけるほか、舞台美術、映画監督などで、世界的に活躍中。

夢枕獏(ゆめまくら ばく)
1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

叶松谷(かのう しょうこく) 企画
1948年、京都市生まれ。京都伝統陶芸家協会会員。京都市立芸術大学教授。京都陶芸界を牽引している。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!