復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,860円(税込)

ル・クレジオ、文学と書物への愛を語る

ル・クレジオ 著 / 鈴木雅生 訳

2,860円(税込)

(本体価格 2,600 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:26ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 ル・クレジオ 著 / 鈴木雅生 訳
出版社 作品社
判型 四六判・上製
頁数 240 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784861828959

商品内容

未だ見知らぬ国々を、人の心を旅するための道具をしての文学。
強きものに抗い、弱きものに寄り添うための武器としての書物。
世界の古典/現代文学に通暁し、人間の営為を濃密に凝縮した書物をこよなく愛するノーベル文学賞作家が、その魅力をあますところなく語る、愛書家必見の書。

▼目次
作家たちの都
書物と私たちの世界
文学の普遍性
書物--知の探索に乗り出す船
困難な時代における作家について
科学と文学の関係
現代における文学について
中国文学との出会い
文学とグローバル化
文学と人生
想像と記憶
自然、文学
今日における文学
夢見ること、冒険を探すこと
種を蒔くこと

▼著者プロフィール
J・M・G・ル・クレジオ
1940年、南仏ニース生まれ。1963年のデビュー作『調書』でルノドー賞を受賞し、一躍時代の寵児となる。その後も話題作を次々と発表するかたわら、インディオの文化・神話研究など、文明の周縁に対する興味を深めていく。2008年、ノーベル文学賞受賞。

鈴木雅生(すずき まさお)
1971年生まれ。パリ第四大学博士。学習院大学文学部教授。訳書に、サン=テグジュペリ『戦う操縦士』(光文社古典新訳文庫)、レーモン・クノー『きびしい冬』(水声社)、ル・クレジオ『地上の見知らぬ少年』(河出書房新社、第16回日仏翻訳文学賞)など。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!