復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

【バーゲンブック】『はだしのゲン』を読む

河出書房新社編集部 編

880円(税込)

(本体価格 800 円 + 消費税10%)

配送時期:2021/06/下旬

Tポイント:8ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

※当商品は、バーゲンブックです。

◎バーゲンブック(自由価格本)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫するものです。アウトレット本とも呼ばれます。 リサイクルブック(中古本・古書)ではありません。
◎出版社は、自由価格本に指定した商品を通常の新本として扱うことはありません。
◎バーゲンブックには、非再販本である旨を明記するため、シール貼付・捺印・罫線引きなどの処置がなされています。また、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。これらに起因する返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。
著者 河出書房新社編集部 編
出版社 河出書房新社
判型 A5
頁数 191 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784309022628

商品内容

「バーゲンブック・フェア 2021年6月」対象商品。
通常税込価格:1,760円のところを50%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


マンガ『はだしのゲン』がもつさまざまな魅力と作品がひらく可能性に迫る!
田口ランディ、佐々木中、岡村幸宣、東琢磨、相澤虎之助、山下陽光ほか。

▼目次
インタビュー 田口ランディ -命を語る「モノ」の言葉
インタビュー 佐々木中 -ゲン、爆心地の無神論者 -『はだしのゲン』が肯うもの
インタビュー 卯城竜太 -(Chim↑Pom)マンガの分際、アートの分際
論考 岡村幸宣 -原爆表現史と『はだしのゲン』
論考 呉智英 -陳腐化した正義の枠を超えて -『はだしのゲン』を読み抜くために
論考 陣野俊史 -そのまま読むことの難しさについて
論考 東琢磨 -忘れさせてたまるか/ええから/うたえ/さわぐんじゃ
論考 竹内美帆 -マンガ論と『はだしのゲン』
エッセイ 山下陽光 -猿楽町をゲンと歩く
論考 みち(屋宮大祐) -ゲンはどこへ向かったのか-インターネットで『はだしのゲン』を読む
ほか

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!