復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,640円(税込)

サンソン回想録 フランス革命を生きた死刑執行人の物語

オノレ・ド・バルザック 著 / 安達正勝 訳

予価 2,640円(税込)

(本体価格 2,400 円 + 消費税10%)

配送時期:2020/10/下旬

Tポイント:24ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 オノレ・ド・バルザック 著 / 安達正勝 訳
出版社 国書刊行会
判型 四六判
頁数 336 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784336066510

商品内容

パリの死刑執行人〈ムッシュー・ド・パリ〉を代々務めるサンソン家の4代目当主として、ルイ16世、マリー・アントワネット、ロベスピエール、サン=ジュストら、3000人余を手にかけた男、シャルル=アンリ・サンソン--

サンソン家に代々伝わる資料と直接取材を基に、フランスを代表する文豪バルザックが描く、革命期を生きた処刑人の物語を、待望の本邦初訳!

▼目次
はじめに
第一章 死刑執行人の宿命
--司法制度と世間の常識
--ナポレオンに会う
第二章 刑罰制度に対する世論の変遷
--死刑執行人の境遇
--国によって変わる状況
--馬鹿げた悪循環
第三章 ある不条理な銃殺刑
--評判の兵士
--偏見は根拠薄弱
第四章 子供時代の思い出
--親元を離れて地方の寄宿学校に
--放校処分になる
第五章 初めて家業を知る
--父親の告白
--見つからない家庭教師
第六章 風変わりな家庭教師
--グリゼル師の聖書様式と処刑前夜のサンソン家
--人々につきまとわれる
第七章 教会内にも差別が
--聖体拝領の日
--真のキリスト者の最期   
第八章 アンリ・サンソンの手稿
--I
--II
--III
--IV
--V
第九章 死刑執行人を巡る美談・挿話・噂
--シャルル-アンリの感慨
--評判になった死刑執行人たち
--サンソン家当主が息子を処刑!?
第十章 父親の心配り
--死刑執行人に対する敬意と偏見
--環境に慣れさせるために
第十一章 科学者たちとの交流
--奇妙なドイツ人科学者
--イタリアの実情
第十二章 イタリアの死刑執行人ジェルマノ
第十三章 ジェルマノの受難は続く
第十四章 山の女王ビビアーナ
訳者あとがき
シャルル-アンリ・サンソン関連略年表
サンソン家関連文献・資料

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!