復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

劇画家畜人ヤプー2 [復刻版] 悪夢の日本史編

石ノ森章太郎 監修 / 沼正三 原作 / シュガー佐藤 画

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:247票
家畜人ヤプー(全4巻)
著者 石ノ森章太郎 監修 / 沼正三 原作 / シュガー佐藤 画
出版社 ポット出版
判型 A5
頁数 256 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784780801552

商品内容

2010年3月にポット出版で復刊した石ノ森章太郎による「戦後最大の奇書」コミック化作品の続編。

▼あらすじ
196×年、西独逸。翌春に挙式を控えた日本人留学生・瀬部麟一郎(麟)と東独逸の名家の娘・クララは一挺の航時艇(空飛ぶ円盤)の墜落を目撃する。結婚を控えた二人の関係は、この出来事を境にまったく違うものになっていく。二人にとってこの墜落事故は悲劇の始まりなのか、それとも歓喜の祝砲なのだろうか、それはまだ、解らない─。
墜落した円盤から謎の女性・ポーリーンを救けたことをきっかけに、彼女が暮らす2000年後の未来世界、イース(EHS=The Empire of Hundred Suns)を訪れた二人。だが、イースでは二人の「恋人」という関係は成立し得ないものであった。イースは徹底した女権社会であり、白人=人間、黒人=半人間、黄色人種=家畜という明確な人種階級制の国だったのだ。二人の関係は支配者と家畜以外にありえない。
「人間」クララはその地位から、イースの高度な文化・文明を享受し、戸惑いながらも少しずつイースに馴染んでいく。一方、「家畜」麟は文化・文明の材料として、人体改造を施され、困惑を深める。逆上した麟はクララと心中をはかるも、失敗。これをきっかけについにクララは、麟を「家畜」と認識し、自らの家畜として飼うことを決意する。
ポーリーンが自分の代わりに子を宿す「子宮畜」の購入の相談のため、古代地球の航時探検家にして前地球都督アンナ・テラスを訪問するのに同行したクララ。
ポーリーン一行は歓待を受け、雪上畜に乗って黒奴狩りに興じ、子宮畜の養成機関・フジヤマ飼育所を訪れた。そこでは優秀な子宮畜候補を集めて羞恥に満ちた選定が行われる。ポーリーンの子宮畜に選ばれたのは、入所から二年半を経た優秀な候補生・カヨであった。
その道中にクララは自分の生きてきた二十世紀以降の人類の歴史を知る。第三次世界大戦、黒人の台頭、白人の宇宙移民と地球の「奪還」、そして黄色人種の退化……。荒唐無稽な未来を素直に信じられるほどにクララはすでにイースを受け入れていた。そしてさらに、アンナ・テラスから日本の神話の秘密を聞かされる。それは日本書紀・古事記に語られる日本の神々は全て白人であり、彼女こそが天照大神だという衝撃的な事実であった。
その間の全てを、クララが身に付けていたブローチを通して麟は見聞きしていた。彼の最後のプライドであった民族的自尊心は瞬く間に破壊された。にもかかわらず、彼は混乱しつつも不思議と、自然にそれを受けいれていた─。
イースの世界、真の日本史、多様なヤプーたち…。次々と衝撃の真実が明らかになる第二巻。しかし、麟とクララの「正しい」関係が顕になるのは、まだ先の話である。


◇『劇画家畜人ヤプー [復刻版]』はコチラ
◇『劇画家畜人ヤプー3 [復刻版] 快楽の超SM文明編』はコチラ

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全246件

  • 読みたい (2020/02/09)
    GOOD!0
  • 現在全4巻を揃えて手にいれることがなかなか容易ではないので、再度の復刊をお願いしたいです。
    きちんと読んでみたい。 (2016/12/19)
    GOOD!0
  • 多くの人に読んでもらいたい (2014/08/09)
    GOOD!0
  • 読んだことがないので (2014/01/08)
    GOOD!0
  • パラリとしか読んだことがなかったのでちゃんと読みたいです。 (2014/01/08)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!