1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『ハチュウ類人間(立花広紀 文/木村正志 絵)』 販売ページ

ハチュウ類人間

ハチュウ類人間

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

【創作子どもSF全集とは】
子ども全集となっているが、上記の作家の名からもわかるように、今21世紀を迎える我々が直面して行くであろ、環境問題、尊厳死や臓器移植、人類の倫理観などの問題を1970年代の段階で問い掛けた全集です。作家、挿し絵画家のレベルが非常に高く、大人が読むに相応しいものです。

【あらすじ】
化学生物者の坂本博士は、リカや幸一たちと南極にきている。と、突然地震がきた。みんなあわてた。地震がおさまって引きかえそうとすると、リカはふしぎなものをふんだ。

復刊ドットコム限定で、各巻分売でご購入いただけます。
※セット商品の一冊あたりの単価より高い価格となりますので、あらかじめご了承下さい。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(204件)

小学校の時に読んだ 「消えた五人の小学生」 「ぼくのまっかな丸木舟」 「コンピューター人間」を、他の17冊と一緒にもう一度読みたい。 (2018/12/24)

1

小学校の図書室で借りた「おかしの男」。全身がお菓子でできていて、世界中の子供達に自分の身体を食べてもらうのが夢…というキャラ描写のあまりの魅力にノックアウトされました。見た目は大人で頭は生まれたてで身体はお菓子でできていて子供達に助けられ、面白いアイテムがたくさん出てくるこのワクワク…! その後大学生になり突然読みたくなり、そのとき既に購入できる状態ではなく図書館で借りて読み、やはり面白さに震え、社会人になりまた読みたくなったものの近くの図書館にも所蔵がなく、でもどうしても読みたいとここ何年も願っております。読みたいし人に贈りたいくらい好きです! (2018/06/02)

2

大人になって絵本を集め始め、数々のトラウマ絵本を手に入れました。が、収集初期からずっと探している「犬の学校」だけが手に入りません。更にシリーズものと知ってから全てを集めようとしましたが、とてもすぐに買えるような値段ではなく半ば諦めていました。もし復刊できるなら!と期待しております。 (2018/05/26)

3

子供の頃よんでいました (2018/05/16)

0

小学生の頃に読んだ、プラスチックの木のラストの衝撃が忘れられない。 子供がもう少し大きくなったら一緒に読みたい。 (2018/05/13)

1

もっと見る

この商品は現在ご購入いただけません。販売再開時にメールを受け取る購入希望の登録が可能です。

犬に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る