1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2018年6月メルマガ掲載分)

2018年06月06日

今月のリクエスト企画 (2018年6月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2018年6月メルマガ掲載分)
  • はこねのやまのとざんでんしゃ
  • いろいろかぞく
  • メトロイド 全2巻

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

はこねのやまのとざんでんしゃ

得票:17票

はこねのやまのとざんでんしゃ

著者: 横溝英一
出版社: 福音館書店

日本で一番急な坂をのぼる箱根登山鉄道。登山電車の特殊なブレーキやジグザグにのぼるスイッチバックの仕組み、地元の人々や観光客との交流をあたたかく描いた楽しい絵本です。
電車絵本を多く手がけている著者が描く登山電車は、細部まで精密で手抜きがありません。電車好きはもちろん、旅行好きの方にもオススメの一冊。特に電車が好きなお子さんを持つ親御さんから、復刊を希望する声が多く寄せられています。

【リクエストコメントより】
息子が幼稚園でこの本を何度も借りてきて、欲しいなあと思ったら絶版でした。 スイッチバックの様子など幼児でも理解できるように描かれていて、いつか登山電車に乗りたいね♪と話しています。 その時はもちろんこの本を持って!!ぜひ復刊お願いいたします!!


息子が図書館で最初に借りてきてから早数年。幼稚園生だった息子もすっかり小学生ですが、やはり定期的に借りてきます。 箱根登山列車のことが過不足なく書いてあり、絵も箱根の自然が美しく描かれています。 電車大好きな息子はこれを手に箱根登山線に乗るのが夢なのです。箱根登山線の売店に置い...

投票する

ドクターマリオくん

得票:46票

ドクターマリオくん

著者: あおきけい みかまる
出版社: 講談社

「コミックボンボン」で2003年1月号~2007年12月号に連載、ゲーム「ドクターマリオ」を原作としたギャグ漫画です。当時、連載を楽しみにしていた多くの読者がいたにも関わらず、一度も単行本化された事がありませんでした。
「コミックボンボン」作品を新装版でお届けする講談社の「復活ボンボンシリーズ」の刊行など、ボンボン作品の露出が増えた事をきっかけにして「今でも忘れられない」「全話読んでみたい」など復刊を望む多くのリクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
あおきけい&みかまる先生は『プププヒーロー』で知ったのですが、ドクターマリオも描いてらっしゃると知って読んでみたくなりました!先生がツイッターでアップしてらっしゃったドクターマリオ漫画の紹介画像を見て『プププヒーロー』と同じく面白そうな作品だと感じました…! 是非読んでみたいです...


昔、見ていて懐かしくなったので、また見てみないなと思いました。

投票する

いろいろかぞく

得票:30票

いろいろかぞく

著者: トッド・パール 著 / ほむらひろし 訳
出版社: フレーベル館

家族にもいろいろな家族があります。大きな家族もあれば小さな家族も。お母さんだけのお家もお父さんだけのお家もあります。でもどんな家族も家族は家族! と、カラフルな色使いで楽しくわかりやすく、この世には様々な形の家族が居るという事を子供たちに教えてくれる絵本です。
多様性を受け入れるという感性を子供の時に磨く、現代の世相に役立つ絵本として大きな注目を集めています。

【リクエストコメントより】
ステップファミリーのサポートをしています。 定型の家族モデルではない、多様な家族を柔軟に受け入れ、家族観を増やし、将来の選択肢を増やすことの重要性をヒシヒシ感じています。子どもの頃からこの感性を養うこともとても重要であり、この本は非常に有用だからです。


両親のどちらかがいなかったり、外国人だったり、どちらもいなかったり、女性だったり、、、家族のあり方は多様化しています。 自分と違う世界を否定的に捉えてしまう年頃になる前にさまざまな世界を知ることで、上記のようなケースに相当したときやそれを目撃したときに違和感を抱かなくなるといわれ...

投票する

メトロイド 全2巻

得票:213票

メトロイド 全2巻

著者: 任天堂株式会社 原作 / 田沢孔治 脚本 / 石川堅士 漫画
出版社: 講談社

「メトロイド」は、1986年発売のファミリーコンピュータ ディスクシステム用タイトルを第1作目とするアクションゲームのシリーズです。
ゲームをコミカライズした本作は、石川堅士による作画にて「月刊マガジンZ」(講談社)で2003年1月号から連載され、単行本全2巻で発売されました。「メトロイド」シリーズ主人公サムスの幼少時代を含めた、ゲームの根幹を成す重要な設定・ストーリーを描いた内容となっており、ファン必携作品として今でも語り継がれている名作です。別アクションゲームへのサムス参戦が発表され、本書の復刊を望む多くのリクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
スマブラをキッカケにサムスを知ったのですが、原作ゲームもいくつかプレイをしてみて他の任天堂のキャラクターと比べ、設定が深くてさらに興味が湧き、そこから漫画版の存在をインターネットで知り、ぜひ読んでみたいと思いました。


公式(任天堂)も監修しているメトロイドシリーズの漫画ということでずっと気になっているのですが、中古の価格を見て手が出せずにいます。サムスの過去やメトロイドの世界観をより深く知ることができる、またシリーズファンの方々からの評価も高い作品なのでぜひ復刊していただきたいです。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る