復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

「国際関係学国際政治学」 ショッピング一覧 (新しい順) 4ページ

ショッピング75件

復刊リクエスト293件
  • amazon販売

    古典外交の成熟と崩壊 II

    【著者】高坂正堯

    1,760円(税込)

    投票数:37

    近代ヨーロッパの外政家たちの結晶体はいかに毀れたか。その限界がいかに越えられたか。普遍主義のへの欲求は理念や利害をはるかに凌駕するものだったのである。 ◎『古典外交の成熟と崩壊 I』はコチラ

    購入ページへ

  • amazon販売

    古典外交の成熟と崩壊 I

    【著者】高坂正堯

    1,760円(税込)

    投票数:37

    メッテルニヒ、カースレイ、ビスマルクらが探求した外交術は「勢力均衡」原則の維持だった。緊張緩和と戦争抑止に英断を下す至った彼らの思索と方法を解明する。 ◎『古典外交の成熟と崩壊 II』はコチラ

    購入ページへ

  • amazon販売

    竹島史考

    【著者】大熊良一

    3,300円(税込)


    竹島問題を知るための必読文献、待望の新装版登場! 寛文7年(1667)の『隠州視聴合紀』や朝鮮最古の史書『三国史記』をはじめ、両国のあらゆる文献・史料を駆使し、竹島の発見と領有から両国外交の歴史的沿革...

    購入ページへ

  • amazon販売

    戦時戦後体制論

    【著者】雨宮昭一

    5,720円(税込)


    戦時体制とは何だったのか。戦後体制は、戦時体制の何と決別し、何を継承して形成されたのか。戦前・戦中・戦後それぞれの時代的特質と移行過程を、政治・経済・社会の諸側面から、独自の規範的方法を用いて解明する。...

    購入ページへ

  • amazon販売

    総動員帝国 満洲と戦時帝国主義の文化

    【著者】ルイーズ・ヤング 著 / 加藤陽子 訳

    8,360円(税込)


    1931年の満洲事変以来、日本国民は挙げて大陸進攻に熱狂した。翌年作られた満洲国は日本帝国の心臓部に結合され、この新しい帝国はやがて日本の物的・文化的資源を総動員してゆく。満洲国を組み込んだ日本帝国の成...

    購入ページへ

  • amazon販売

    排日移民法と日米関係

    【著者】簑原俊洋

    11,000円(税込)


    150年に及ぶ日米関係史のなかで、太平洋戦争につながる契機となった1924年の米国排日移民法成立についての総合的な研究。米日未公刊資料を含む原資料の渉猟に基づいて政治的な要素を詳細に分析し、成立過程の歴...

    購入ページへ

  • amazon販売

    平和の代償

    【著者】永井陽之助

    1,870円(税込)

    投票数:9

    現実主義に乗っ取る、冷静で率直な国際政治論。一部の非武装中立論や防衛力増強論を批判し、あるべき日本外交を丁寧に論じる。 核兵器の存在の下で変転きわまりない国際政治と外交戦略の論理を、朝鮮戦争からベトナ...

    購入ページへ

  • amazon販売

    文明と戦争 下

    【著者】アザー・ガット 著 / 石津朋之 永末聡 山本文史 監訳 / 歴史と戦争研究会 訳

    3,960円(税込)


    文明の誕生、国家の勃興、農業の登場によって戦争はいかに変化したのか? 古代の争いから、無差別テロまで古今東西の争乱を総覧し、戦いの規模と形態の変化を分析、さらに平和論についても検証する。 ▼こちら...

    購入ページへ

  • amazon販売

    文明と戦争 上

    【著者】アザー・ガット 著 / 石津朋之 永末聡 山本文史 監訳 / 歴史と戦争研究会 訳

    3,960円(税込)


    人間はなぜ戦うのか? 戦争は人類共通の自然状態に根ざした現象なのか? 新進気鋭の研究者が、生物学、人類学、考古学、歴史学、社会学、政治学の最新成果を脱領域的に横断し、多角的に徹底検証する。 ▼こち...

    購入ページへ

  • amazon販売

    危機の二十年 理想と現実

    【著者】E.H.カー 著 / 原彬久 訳

    1,210円(税込)

    投票数:50

    政治に対する倫理の優位を信じ望ましい政治秩序を構想する、変革の思想としてのユートピアニズム。現実を分析し、そのユートピアニズムの偽善を暴くリアリズム。戦間期二十年の国際政治に展開した理想主義と現実主義の...

    購入ページへ

  • amazon販売

    アルザスの言語戦争

    【著者】ウージェーヌ・フィリップス/宇京�ョ三訳

    4,620円(税込)


    文明の十字路アルザスにおけるドイツ語とフランス語の戦い、アルザス人の苦闘の歴史を語る。言葉と国家、少数民族の普遍的問題に関する基礎文献。

    購入ページへ

  • amazon販売

    国際政治史

    【著者】岡義武

    1,430円(税込)

    投票数:12

    東京大学法学部で政治史を講じた岡義武(1902−1990年)が1955年に岩波全書の一冊として著した名著.長く絶版となっていたものを,読みやすい表記に変えて復刊する.国際政治の推移を現象的に記述するので...

    購入ページへ

  • ルワンダ中央銀行総裁日記(増補版)

    【著者】服部正也

    1,056円(税込)

    9ポイント

    投票数:160

    配送時期:3~6日後

    一九六五年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった――。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連...

    購入ページへ

  • amazon販売

    外交官の一生 改版

    【著者】石射 猪太郎

    1,571円(税込)

    投票数:16

    盧溝橋事件勃発時、東亜局長として和平工作を行うも失敗する?軍部の専横に抗し、戦争終結への道を求め続けた著者が、自らの日記をもとに綴った第一級の外交記録。

    購入ページへ

  • amazon販売

    キッシンジャー 回復された世界平和

    【著者】ヘンリー・A・キッシンジャー/伊藤幸雄訳

    4,180円(税込)

    投票数:0

    正統性原理と力の均衡というキッシンジャー外交の二本の柱を確立したその処女作の完訳を復刊。フランス革命とナポレオン戦争で破壊された世界秩序をメッテルニヒとカースルレイはいかに再建したかを究明。

    購入ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

T-POINT 貯まる!使える!