1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『カスパー・ハウザー(福武文庫 フ1201)(A・v・フォイエルバッハ著 西村克彦訳)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

カスパー・ハウザー(福武文庫 フ1201)

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



カスパー・ハウザー(福武文庫 フ1201)

  • 著者:A・v・フォイエルバッハ著 西村克彦訳
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/05/12
  • 復刊リクエスト番号:50362

得票数
0票

リクエスト内容

1828年、聖霊降臨祭のさなか奇妙な野良着姿の少年がニュルンベルクの町に忽然と現れた。歩くのもままならず、満足に話すこともできない、その特異な言動は様々な憶測をよぶ―。“近代刑法の父”が生涯最後に遺した、謎に満ちた観察記録は、ヨーロッパ中の関心を引き起こし、今日まで二千以上の文献を生んだ。原著からの本邦初完訳。(本書の背表紙より)

哲学者フォイエルバッハの父によるカスパール・ハウザー伝説の原典。
本訳のほかに福村出版『野生児の記録』シリーズに収録されていますが、こちらは英訳からの重訳です。
また種村季弘氏の解説書『謎のカスパール・ハウザー』も登録されています。あわせて投票にご協力ください。

TOPへ戻る