1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ヴァイマルの反逆者たち(八田 恭昌)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

ヴァイマルの反逆者たち

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



ヴァイマルの反逆者たち

  • 著者:八田 恭昌
  • 出版社:世界思想社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/03/17
  • 復刊リクエスト番号:38104

得票数
6票

リクエスト内容

1980年代の初頭に、20年代の思想、歴史、文化、文学などの再評価が流行した。時、あたかもバブル期の直前で、なぜかは知らねど「黄金の20年代」というバブルに俄然、注目が集まったのは、今、思えば不思議な気がする。恐らく20世紀の思想の多くが、混沌としたこの世相の中で準備,発酵した、というのが再評価の理由だったと思う。八田の本もこうした風潮に乗り、発表当時はかなり評判になった。取り上げた思想家、作家、政治家も、シュペングラー、エルンスト・ユンガー、フォン・ザロモン、それからカール・シュッミト(も少し)など多彩である。私はこの本でエルンスト・ユンガーを知り、以降、彼の本をむさぼり読んだのを覚えている。八田の本は生松敬三のそれ同様、極めて質の高い先行研究であり、復刊の価値は充分ある。

TOPへ戻る