1. TOP
  2. HANNAさんの公開ページ

HANNAさんのページ

復刊リクエスト投票

アヴァロンの霧(シリーズ全4巻)

アーサー王伝説裏話という感じで、途中でやめられないおもしろさ。フェミニストの視点から描いているので、クセがあるがおもしろい。キリスト教についての考え方も、興味深いです。 皆様のレビューにある通り、表紙画が内容にちょっとそぐわない感じもします。原書も持っていますが、表紙はだいぶイメージが違います。 (2017/05/24)

アヴァロンの霧(シリーズ全4巻)
【著者】マリオン・ジマー・ブラッドリー

ヘリオさんとふしぎななべ

小学校で読み聞かせしました。 ミステリアスでちょっと怖い。奥の深いお話です。 ヘリオさんという名前もすてきです。外国の名前のようだけど、ちがうんですよ。 (2017/02/25)

ヘリオさんとふしぎななべ
【著者】市居みか

アーサー王伝説の起源 スキタイからキャメロットへ

アーサー王伝説やヨーロッパ古代史が好きです。 ぜひ読んでみたい。 (2017/02/25)

アーサー王伝説の起源 スキタイからキャメロットへ
【著者】C.スコット・リトルトン リンダ・A.マルカー 著 / 辺見葉子 吉田瑞穂 訳

転移の心理学

ユング心理学にも錬金術にも興味があります。 (2016/02/27)

転移の心理学
【著者】C.G.ユング 著 / 林道義 磯上恵子 訳

雨の動物園

子供でも読める本ながら、おとなの情緒あふれる作品。ぽっぺん先生シリーズなどを楽しんだ読者が、しっとりと読むのに最適。博物学入門書としても、すばらしい。 最近、子供の国語の問題集に、ヤモリの章が載っていて、びっくり。 矢川澄子さんの解説も、一読の価値あり。 ぜひとも復刊を。 (2013/12/01)

雨の動物園
【著者】舟崎克彦

もっと見る

レビュー

ひょうたんめん

脱力系妖怪に再会できた!

頭に蔓と葉っぱをつけ、大きさも手足の長さも変幻自在で空も飛ぶらしい、妖怪ひょうたんめん!
表紙絵の、豪快に塩を食べる姿が衝撃的。

小学1年生のとき学校で読み聞かせて以来、娘が気に入って、ドリルの欄外にひょうたんめんのキャラクターを落書きしたものが今も残っています。
再会できてうれしいです!

ページをめくるたび、表情もどんどん変わるひょうたんめん。こわいけど、素朴でありのままでどこか可愛い?! 正統派昔話の赤羽さん、こんな脱力系の絵も、すばらしいです。

(以下ネタバレ)最後に煮られてしまって、どうなったんだろうひょうたんめん、死んじゃってないといいけど、むかしから気になるなあ・・・と、もう高校生の娘。

ずっと大事にしたい絵本です。 (2017/11/26)

ひょうたんめん (【著者】神沢利子 文 / 赤羽末吉 絵) ショッピング

HANNAさん

HANNAさん

プロフィール

[ニックネーム]
HANNAさん
[所有サイト]
http://www.geocities.jp/hanna0714/index.html
[ブログ]
http://plaza.rakuten.co.jp/yhanna/

TOPへ戻る