1. TOP
  2. ぷるるさんの公開ページ

ぷるるさんのページ

復刊リクエスト投票

お話宝玉選

小学二年生の時に買ってもらいました。大人になってから、この本の多くのお話が歌舞伎や能・狂言、落語から採られていることを知りました。読むことで知った物語を舞台で観る楽しみは格別のものがあります。今の子供たちにも、様々な物語を味わってもらいたいと思います。 (2016/03/09)

お話宝玉選
【著者】佐藤春夫 監修

NHK世界手芸紀行2/刺しゅう・パッチワークキルト編

パッチワークに関する本なら、今はたくさんあります。でも刺繍の本はけして多くないと思います。ましてや、この本のように、生活と文化に根ざした刺繍を紹介している本は、他にはないと思います。白地に赤で刺すクロスステッチの表現の豊かさ、金のビーズで作られた帽子に象徴される女性の誇り。ヨーロッパの伝統をうらやましいと思ったのは、この時だけかもしれません。ぜひ多くの人に読んでもらいたい本です。 (2002/07/05)

NHK世界手芸紀行2/刺しゅう・パッチワークキルト編
【著者】NHK取材班

NHK世界手芸紀行①/ ニット・レース編

この本のもとは、NHKの特別番組でした。スローモーションにしなければ見えないほどの速さで編まれるフェアアイルセーター、ブリュージュの繊細なボビンレース。まさに圧巻でした。できればビデオ出版してほしいほどです。でもそれが無理ならせめて本だけでも再販してほしい。放送では流れなかったバッググラウンドがわかる、すばらしい本でした。 (2002/07/05)

NHK世界手芸紀行①/ ニット・レース編
【著者】NHK取材班

タッチングレース

この本が絶版だなんて信じられない。十年近く前になるでしょうか、この本だけを頼りに独学でタッチング(タティング)を始めました。タティング人口が少しづつ増えている現在、必要な本だと思います。 (2002/07/05)

タッチングレース
【著者】藤戸禎子

チャレンジニット 編む男のセーターブック1~3

図書館で借りて読みました。すごくわかりやすくて、初めてセーターを編むのに、とても役立ちました。でも、買おうとしたら、絶版でした。あれから何枚もセーターを編みましたが、それでも手元に置いておきたい本です。 (2002/07/05)

チャレンジニット 編む男のセーターブック1~3
【著者】日本ヴォーグ社編

ぷるるさん

ぷるるさん

プロフィール

[ニックネーム]
ぷるるさん

TOPへ戻る