1. TOP
  2. リュウさんの公開ページ

リュウさんのページ

復刊リクエスト投票

管絃楽法 上巻、下巻

おそらく現状を含め、最も詳しい管弦楽の本だと思います。 これ以外では、ベルリオーズ-シュトラウスの教科書が有名ですが、 物理的な観点も取り上げているという点では、本書の方が優れています。 素晴らしい書籍なので、ぜひ復刊して欲しいです。 現在上・下巻を一緒にした完本が出版されています。 しかし、いくらなんでも値段が高すぎます。 この書籍はインテリアではなく、学生にこそ読まれるべき本です。 もっと値段を落としたものを出版をして欲しいです。 そうでなければ、またすぐ絶版になってしまいます。 もう少し考えてから、出版して頂きたい。 これと同程度の大著が、半分の値段で出ているのですから。 (2008/03/15)

管絃楽法 上巻、下巻
【著者】伊福部昭

音楽と建築

クセナキスが自らの作曲思想について語ったものです。 歴史的資料としてはもちろん、 作曲の方法論を検討する上で有益な内容です。 前衛音楽というのは、非常に特殊な環境の中で発展したので、 本当に芸術的に優れたものであったのかという事は、 もう少し時間が経たないと分からないと思います。 しかしながら、個性的、 かつ魅力的な作曲家が多数居たのは事実で、 そういった先人の発言は啓発性に富んでいます。 作曲を勉強する人にとって、重要な書籍です。 こういった本がすぐに絶版になってしまうのは、 出版業界の考え方を含め、少し残念に思います。 (2008/03/15)

音楽と建築
【著者】クセナキス 著 / 高橋悠治 訳

バルトーク音楽論集

バルトークの行った研究、発言の内、 重要なものをまとめた論文集。 中には啓発的なものも含まれており、有益な内容です。 復刊希望。 (2008/03/04)

バルトーク音楽論集
【著者】ベーラ・バルトーク

三声-八声対位法

現在、この書籍の内容に対応するような本はないと思います。 教科書として有名で、対位法のより発展的な技法について触れています。 分かりやすい内容なので、ニーズはあると思います。 復刊希望! (2008/01/31)

三声-八声対位法
【著者】池内友次郎

ブルー・ノートと調性―インプロヴィゼーションと作曲のための基礎理論

重要な書籍であるため。 作曲を基礎的な視点で扱っている良著です。 (2008/01/28)

ブルー・ノートと調性―インプロヴィゼーションと作曲のための基礎理論
【著者】濱瀬 元彦

もっと見る

リュウさん

リュウさん

プロフィール

[ニックネーム]
リュウさん

TOPへ戻る