1. TOP
  2. nothing to looseさんの公開ページ

nothing to looseさんのページ

復刊リクエスト投票

紛争の心理学―融合の炎のワーク

個人的には、自分が巻き込まれた、人間関係のトラブルや、組織内のトラブルについて、とても示唆されるものがあり。一時期、バイブルのように繰り返し読んで、この本に助けてもらったことがあります。心理学に興味がない方でも、自分の身の回りの問題や、この社会や世界をもう一度捉えなおすきっかけになるような、一冊だと思います。 (2006/12/13)

紛争の心理学―融合の炎のワーク
【著者】アーノルド・ミンデル/青木聡

知恵の三つ編み

今「一万年の旅路」を読んでいます。思いもかけず深い内容と、それを裏付けた長い伝統に深く感じ入っています。友人には、そのあとには「知恵の三つ編み」を読むように奨められていましたが、絶版と聞き残念に思います。復刊のあかつきには、ぜひとも読みたいと思っています。あの伝統がどのように代々受け継がれてきたのか、とても興味があります。ぜひ、復刊をお願い致します。 (2005/08/14)

知恵の三つ編み
【著者】ポーラ・アンダーウッド

超人ケイシーの色と形の魔術

エドガー・ケイシーに興味があります。おそらく、とても純粋に何かをわれわれに伝えているのだと思うから。 (2005/07/20)

超人ケイシーの色と形の魔術
【著者】斉藤啓一

仙人瞑想法

仙道の瞑想法のみならず、ヨガとの比較を、中国とインドの文化的な背景からも比較考察しており、興味深い内容でした。もう一度読みたいので、復刊を希望します。 (2005/07/20)

仙人瞑想法
【著者】高藤聡一郎

生と覚醒のコメンタリー 4--クリシュナムルティの手帖より

「真理は道なき道である」といって、いかなる修行も真実の覚醒のためには無意味とさえ言い切っているクリシュナムルティ。その透徹なる人間への洞察は、人類の最高の財産と言っていいでしょう。このレベルまで悟った人を、ほかに知りません。この著書は持っていますが、クリシュナムルティについてはぜひ多くの人に読んでもらいたいと思い復刊を支持いたします。 (2005/07/20)

生と覚醒のコメンタリー 4--クリシュナムルティの手帖より
【著者】J・クリシュナムルティ

もっと見る

nothing to looseさん

nothing to looseさん

プロフィール

[ニックネーム]
nothing to looseさん

TOPへ戻る