復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

geiger1951さんのページ

復刊リクエスト投票

  • 漢文をどう読みこなすか 中国古典入門叢書10

    【著者】鮑善淳 著 / 増田栄次 訳

    中国人で高等学校程度の漢文学習を終えた人がさらにつっこんで様々な漢文(中国人にとっての古文)を読みこなそうとするとき躓きやすい箇所を解説した原著を、日本の高等学校の先生が良心的な日本語訳を行ったもの。中級以上の漢文読解参考書として極めて有益なものです。目次を示します。
    1.文字の認識と音の通用
    2.語の意味を確実に理解
    3.古文用語の特徴を認識
    4.文法の違い
    5.昔の人の文章習慣を熟知
    6.閲読実践
    原著者は力量の有る人で、和訳も適切な「訓読」を加味して日本人学習者に便宜をはかったものであり、復刊されれば益するところが大でしょう。(2016/05/08)
  • ジャンヌ・ダルク復権裁判

    【著者】レジーヌ・ペルヌー 著 / 高山一彦 訳

    ジャンヌ・ダルクの実証研究は歴史が浅いが、中世史の権威であるペルヌーの解説は初めて安心して読めるもので、必読欠くべからざる名著。日本人の西洋中世史家高山一彦教授はご自分でも「ジャンヌダルク処刑裁判」という、当時の裁判記録資料に基づく素晴らしい著作があり対になる「復権裁判」の為には最適の翻訳者である。ジャンヌのファンは少なくない我が国だがきちんと実証的な書物を読んだ上で論じるのがジャンヌへの礼儀というものでしょう。白水社は「処刑裁判」「復権裁判」ともに再販を是非お願いしたくリクエストします。(2015/01/08)
  • ジャンヌ・ダルク処刑裁判

    【著者】高山一彦 編訳

    ジャンヌ・ダルクを語るのであれば
    (1)高山和彦:「ジャンヌ・ダルク処刑裁判」
    (2)ペルヌー(高山訳):「ジャンヌ・ダルク復権裁判」
    (3)ペルヌー&マリー-ヴェロニク・クラン(福本直之訳):「ジャンヌ・ダルク」
    の三冊が基本文献で、これを読んでいない人の謂うことは当て推量であって信用できないほどの重要性があります。就中「処刑裁判」が我が国の学者の手になったことを誇りに思っていましたのに、何とこれを絶版にしてしまったことは情けない。
    (1)は新装版が2004年に出ましたが、それきりとすれば惜しい限りです。(2)も2004年版を買いましたが、もしかして絶版でしょうか?(3)は私のは1998年版です。(2015/01/08)
  • クレンペラーとの対話

    【著者】ピーター・ヘイワース 著 / 佐藤章 訳

    この偉大な指揮者の興味尽きない発言として、繰り返し引用される重要なインタビュー本である。英語版は入手可能であるのに和訳が絶版とはクラシック大国日本の名折れである。クレンペラーの発言は示唆に富み、味読に値するはずである。つよく復刊を希望する。(2014/02/27)
  • グルダの真実 クルト・ホーフマンとの対話

    【著者】フリードリヒ・グルダ /田辺秀樹

    クルト・ホーフマンはブラームス研究の第一人者としてしられる音楽学者である。ホーフマンが巨匠グルダを縦横に語らせた貴重な対話であり、ぜひ読んで見たい。復刊を熱望する。(2013/02/03)

もっと見る

レビュー

  • 漢文をどう読みこなすか 中国古典入門叢書10

    鮑善淳 著 / 増田栄次 訳

    中国の名解説

    漢文は中国の文語文なので、中国人にはさぞ解り易かろうと考えると、実際は違うようです。この解説は中国の高校で長年教えた先生が中国人の学習者向けに書いたものを、東京の高校の先生が和訳したもので、日本人にとって最善の解説ではありませんが、現代中国語と漢文の大きな違いが分かるので参考になります。(2016/04/24)

T-POINT 貯まる!使える!