復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

muto_khさんのページ

復刊リクエスト投票

  • デイヴィッド・ヒュームの政治学

    【著者】犬塚元

    本書あとがきによれば、本書は、著者が2002年9月に東京大学に提出した学位請求論文「デイヴィッド・ヒュームの政治学:伝統の継承と発展」に加筆修正、分量圧縮を施したものである。本書の内容の要約や優れた点の指摘は、推薦者にとり荷が重すぎるように思われる。量、質ともに非常に重厚な研究であり、註を一つとっても気を抜いて読むことを許さない非常な密度を備えている。「はじめに」において「富と徳」という政治学史上の通説が批判的に取り上げられる。その批判は非常に説得的であり、政治学史の更新を目の当たりにしているかのような興奮を読者に覚えさせる。無論その更新には幾多の研究の蓄積があってのことではあるが、著者は先行する研究を主には註において鮮やかに整理しつつ、本文ではマッシヴな自説を展開していく。二次文献の山に足をとられることなく、一次文献と格闘する様からは、政治学史の近接分野かどうかを問わず、学問に近しい場所に立とうとする者が威儀を正さざるを得ないような雰囲気が漂っている。後進のため、一刻も早い復刊を希望する。(2012/08/26)

T-POINT 貯まる!使える!